バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前方への移動~フットワークを美しく・・・
2008年10月01日 (水) | 編集 |
前方への移動について話します。



ネット前へのフットワークは、相手が打った球種によって変える方法もあります。


基本的に速いフットワークは寄せ足での移動が速いと言われていますが、筋力に欠ける場合(小学生やレディ-ス)は、足の長いカット等で使います。

ネット際へのヘアピンやドロップなど時間的に余裕があり、移動距離が大きい場合は、3歩で移動でします。

フットワークでは、1歩・2歩・3歩の3種類をうまく使い分けるといいのではないでしょうか。



基本としては2歩を中心に練習し、右利きの人は、左(小さく)右(大きく)と動かします。


左足をステップさせて右足を出し始めたときに上体が打点方向に向かないようにし、半身の体勢で入るよう腰を1/4回転させて、左手を後方にして上体を倒さないようにバランスをとることが大切です。


ネット前では、打点時に腰や上体が正面を向いていた場合に、上体が折れて前屈みになる可能性が高いので、半身の状態でヒットする方が打点方向に上体が折れにくく、ミスが少なくなり軸が狂わないので戻りのフットワークが速くなります。


これは、サイド方向への移動でも同じ事が言えます。


ランニングステップで移動した場合に、ヒッティング時に上体がぶれるので、なるべく打点方向に、上体が正面にならないように気をつけてください。


試合では、数種類のフットワークをその状況によって使いこなせる事が必要になるので、いろんな人のフットワークをしっかり見ることは、非常に勉強になります。


フットワーク練習のときに、イメージを高めて、実際に試合をしている感覚ですることも大切です。

重心の移動と左足の使い方をステップ練習等で身体に覚えさせることをして、コートでも意識をしてみましょう。






ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。