バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
力の法則~故障の原因
2008年09月28日 (日) | 編集 |
今回は、少し難しい話になります。

理由がある~故障の原因を読んでない人は、読んでみてください^^



力の法則は、嘘はつきません。


バドミントンでの動作によって発生する力は体重とスピードに比例し、その力量が一ヶ所に集中すると無理が生じて、故障になります。


スポーツ障害の原因の一つです。


負荷に対する力量を支えるために、筋力を高めるのですが、フォームの改善も重要です。


間接は一定方向しか曲がりません。(ピン支点)

それに対して、常に圧縮と引っ張りの力がかかるのです。

その圧縮と引っ張りの力を支えるのが筋肉になります。

なるほど・・と感じた人は同じ職種ですね^^


力学的に無理が生じていると、その部分の補強(筋肉)が必要になりますが、バランス的には良くないのです。

だから、フォームの改善や改造が必要になるのです。


これは、永くバドミントンをしていく為には、非常に大切な事なのです。



なぜ、私がこのような考え方をするのかというと、職業柄、力学とは切っても切れ離せない仕事をしているからなのです。


私は、選手の故障に対してはとても敏感に反応してしまいます。

故障して、練習ができなくなるよりも先に、フォームを改善したり、負荷がかかっている場所をマッサージして防止しているのです。
(あ、職業はマッサージではないです^^)


前にマッサージの効果について話したと思いますが、故障してからのマッサージよりも防止のマッサージを心掛ける事が大切なのです。

もちろんストレッチやクールダウンも同じことが言えます。


無理のないフォームで、流れるように速く動けて、パワフルなショットを打つために最大限今ある筋肉を使い、バランス良く美しく見えるのが理想ですが、実現できる事なので努力したいですね^^


では、次回は・・・後方への移動と戻り方について話します。

サイドステップはしていますか??


ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
2008/09/28(Sun) 14:19 | URL  | サトシ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。