バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3年前~去年まで 
2008年07月05日 (土) | 編集 |
基本的な技術に変化が現れて、進化の始まる時期でした。
毎年、全小の決勝は必ず見て帰るのですが、小学生のトップ選手を見ていると、勉強になることはたくさんあります。
その裏側に指導者の苦労と指導方針が少しですが見えて、それが自分の次の課題になっていった時期です。
ここ数年の間で、小学生のレベルはとても変わりました。
もちろん、低学年から~が園児から~になっているからか、団体チームとして強い時代から個人レベルでも強い時代になり、一段と個々のレベルが上がっています。
(これは、若葉カップの関係でそうみえるだけかもしれませんが・・・)
おかげ様で、多くの刺激を頂き、勉強させてもらっています。

とにかく、自分自身も変化し、進化していかないとまったくついていけない状態になるような気がするくらいに、ここ数年は毎年レベルが上がっています。

この時期に子供達は毎年全小に出場して、自分自身も大きく変わってきたのです。

去年は技術的な部分が大きく進化しました。

しかし、去年も一昨年も実力が発揮できない・・・

指導法に問題ありと思い、再度、基本から・・・と思った時でした。
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。