バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い・・・コーチとして、新たな進化を求めて
2008年09月18日 (木) | 編集 |
再出発・・・と思い、このバドミントンブログに書いては消しの状態が続いています。

こうしている中でも、皆さんに応援して頂いている事がよく伝わってきます。
ほんとにありがとうございます。


どうしたものかと考えていると、やはり基本的なことからかな・・・って思いますが、今の心境を書くのもいいかな・・・って思ったので、意味不明かもしれませんが書きます。



以前、指導者講習会で、お会いしたAさんが言っていたことを思い出し、
どこで子供達が伸びていくのかをもっともっとイメージしないといけない
かなと思いました。

冷静に指導者として選手に伝えたいと思うことと、選手が望むこと、そして指導者の願望が一致する部分としない部分を、現在と未来に分けて考えてみた。

単純に考えると、上手くなって試合に勝ててということになるが、いろんな要素が入り混じってくる。

個人別に考ると、方針は見えてくる。(指導者として選手に伝えたいと思うこと)

うん・・・引っかかる所は、指導者としての願望が、今の自分にとってマイナスなんだとわかってきた。

指導者としての願望は、選手を育てていくのに絶対的に不可欠なことであるが、そこにマイナスな面も潜んでいて、ある意味で歪みが生じているのかもしれない。


ここまで技術的な進化を感じさせて、選手のやる気を向上させてきた。

誰でも自分がうまくなってきているなと感じることができた時は、やる気が出る。

そして、次に求めるのが結果になるが、全ての準備をしてきているわけではなく、途中段階で結果を求めると期待はずれに終わる。

私が教えている子供達が、試合に勝てないのは、そこに問題があるのだと感じてはいたが、子供達がハイレベルな場面で戦うには、習得しておかないといけないことがたくさんあり、それに時間をかけ過ぎていると、現実的には試合には勝てないのもわかっている。



再度、個々の選手との思いと指導者との思いを一致させ、スケジュール(長・短)的にも話をしていくべきだなと、感じてきた。

なんとなくではあるが、全体像が見えてきた感じがする。

私としては、再出発のこのタイミングに自分自身を大きく飛躍させたいと思っています。
この記事は、独り言としてご理解して頂ければと思います。


今日の思いは、明確に話せるようになった時に記事で書きます。




ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/19(Fri) 01:13 |   |  #[ 編集]
いつも応援して頂いて、ありがとうございます。

おっしゃる通りだと思っています。

このことをバネにしてさらに大きく高く飛躍できるよう頑張りたいと思いますので、これからも応援宜しくお願いします。

2008/09/19(Fri) 21:47 | URL  | バトトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。