バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バドミントンをはじめて半年の人へ
2008年09月20日 (土) | 編集 |
バドミントンをはじめて半年の人で、一番多いのは中1と高1ではないでしょうか?

今週が試験週間だった学校もあったと思います。(お疲れ様^^)



もし、このブログを読んでいる中1や高1の少年少女がいれば、もう一度心・技・体のカテゴリーをよく読んでみてくださいね。



バドミントンで一番難しい事は、シャトルの感覚を捕らえる事と、普段の実生活では行わない動作が非常に多いことです。

そこが慣れれば、比較的スムーズに行くのですが、なかなか慣れません。


回内回外・サイドステップ・サイドタッピングステップ・チャイナステップなど
他にも数多くありますが、焦らずに、一つ一つを大切にして平均的に
身体に染み込ますように覚えていってください。

トレーニングをする時に、この動きはどのような場面で使うのかをよく考えて、その動きをイメージしながらステップしたりすると身体がよく覚えてくれます。

筋トレも、どの筋肉を鍛えているのかを集中させて脳に覚えさせる感覚でするのがいいですね。


単純に考えれば、コートの外での練習がいかに大切かが、わかってくると思います。

素振りは初心者にはとても大切な事です。

これは、上級者でも大切で、筋肉と対話しながら素振りをしたり、鏡の前でフォームチェックしながらするのも効果的です。

ディセプションを覚える時は、まず、鏡の前でラケットを振ることが大切なのです。


毎日していると、3ヶ月後には変化が見え始め、4~6ヶ月後には変わっています。

身体が、バドミントンを覚えてくるとほんとに面白くなってきます。


コートに入っているときは、シャトルの感覚を覚え、ストロークを正確に打てるように練習し、コートの外で、動きについての練習をするように頑張ってみてください。



本を見たり、インターネットでいろいろ勉強してみたり、試合があるときは、上手な人のプレーをしっかりと見て覚えるのも大切です。

聞くことは決して恥ずかしい事ではないから、わからないことは素直に聞いて見ましょう。




そして、一番大切なことは、バドミントンを好きになる事です。


何よりもバドミントンが好きになることが、上達への近道であり基本になります。

わからない事があれば、コメントでもメールでもいいからしてみてくださいね^^


次回は、基本的な動作について話します。





ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^




テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/21(Sun) 22:16 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。