バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意識力
2008年08月28日 (木) | 編集 |
悪い癖を無くしたり、新しいことを身につけるために必要なことは??


意識のある行動をする事なのです。

そして、意識を持続させる力を私は意識力と言っています。


意識を持って行動する事を繰り返すことによって、脳と身体が覚えていくのです。

完全に覚えた時は、それが自然になり、あたりまえであり、良い癖になっているのです。

脳と身体が覚えると、今度はそれが無意識な行動になるのです。

そうなるまでは、時間がかかりますが続けてすることによって自然体になります。

つまり、意識力と継続力は密接な関係になります。

バドミントンを通して、私が子供達に覚えて欲しい事が、

意識力・継続力・本番力・忍耐力   なのです。


スポーツをすると意識力だけでなく、この4つが高くなります。


だから、アスリートは意識力の重要性を知っていますし、この4つが心の中にあり、それが技術や体力を支えている事を深く捕らえています。


これは、大人になるほどなかなか大変になるのです。
(余計な感情や知識が身についているから)

私も、この4つは今も上達しようと心掛けています・・・・・が、
時々?感情レベルでの忍耐力不足を反省しています^^


だから、「できない」って言葉や「もう無理」って言葉を簡単に言って欲しくないし、簡単に物事をあきらめたり、逃げたりしない大人になって欲しいといつも思っています。

それには、意識力・継続力・本番力・忍耐力を少しでも身につけて心のレベルアップを自分でもしたいし、子供達にもそうなって欲しいと思っています。

そこで、意識力を向上させるためには、心の基本原則が必ず必要になります。


「はい」という素直な心
「ありがとう」という感謝の心
「ごめんなさい」という反省の心
「おかげさまで」という謙虚な心
「させて頂きます」という奉仕の心

が、必要になってきます。


これがない選手は、成長速度が非常に遅くなるということです。

持って生まれた能力を伸ばすのは意識力になり、その才能は開花されないと発揮できないことになるのです。
その才能を開花させるには、心の成長が重要なポイントになります。




意識力や本番力については、マニアックな私がまとめつつあるレポートから抜粋しました。


・できない・・・って思うとできないのは何故?

・人間は誰しもすばらしい能力をもっています。
 しかし、少しづつ差が開いていくのは何故なのだろうか?

・逆に必ずできると思う人は何度失敗してもいつかは成功する理由。 など

興味のある方は、メールしてください。


次回の【心技体~心】では、「意識ある行動とは・・・」 について話します。




なるほど・・・と思った人は、
ランキングにクリックお願いします^^

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。