バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焦らずじっくりと計画的に育てること
2011年04月18日 (月) | 編集 |
昨年末からフットワークの基盤になる動作の練習を増やして練習してきました。

動きの基礎になる練習です。


それが2月くらいから徐々に変化が見え始め上昇していたことに、個々のくせが生まれてきて修正時期に入っています。


中心になってしてきたことは、過去記事でも話していますが、サイドステップ・タッピングステップ・ターン・ジャンプで、それの組み合わせになっています。


課題は、軸と重心移動の意識なのですが、重心移動に関してはバランス感覚のあるなしで時間がかかってきます。

軸は、意識することができれば問題ないのですが、バランス感覚の差は時間がかかります。


各動きのスピードを上げて、個別での動きに取り入れて再びフットワークで結びつける練習に時間をかけていると、実際にシャトルを打つ時間はかなり減ってきます。


一日練習で、一度もシャトルを打たない時もありました。


運動能力を引き上げることで、フットワークもショットも変化してくるのです。



小学生は、幼年期によく外で遊んでいる子供が比較的に運動能力が高いのですが、特にその時期に上の子とよく遊んだ(走ったりして)子は、能力が高いです。

どうすれば、自分の体を思うように動かすことができるか・・・という神経系の発達も高いです。



しかし、月日は必要になりますが、継続的に動きに関する練習をしていると、確実に変化が見え追いつくことができるわけです。


この継続的な練習は、個人でできることで、それには保護者の協力がなしではありえないことにもなります。


特に、低学年の場合は、おかあさんの工夫と粘りと辛抱で子供の成長は随分と変わってくるような気がします。



いずれにしても、コートを動いてシャトルを打つことに必要なことを自然にできるようにすれば自然にレベルは上がってくるのです。

それは、じっくりと時間をかけないと育たないことなのです。



その中で、重要な軸回転とバランスについてはまた今度記事にします。


東日本大震災緊急募金-日本ユニセフ協会

平成23年東北地方太平洋沖地震 募金情報まとめ

被災バドミントン選手支援の会(バドッ子支援の会)


他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数232]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。