バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素直な人は、我慢強い
2010年11月09日 (火) | 編集 |
我慢していることが慣れてくると、それが自分にとって普通になり、気がつくと変化しているのです。

感覚が変わるのです。


世の中には、どんなに辛いことでも耐えられないことはありません。

悲しいことも辛いことも、耐えようと思えば耐えられるのです。


もう、耐えれないと思えば耐えられないし、乗り越えてやると思えば乗り越えれるものです。


思考は、現実に向うものです。

それは、考え方が変わることで行動が変わるからなのです。



日頃から不満ばかり感じて口にしていると、それが癖になりマイナスなことを呼び寄せるのです。


今の現実を変えて行くのは自分自身で、環境が変わらなくても自分の考え方や思いを変えれば変化してくるのです。


人は誰でも少なかれ不満はあります。


でも、視点を違うところにおくと、どうでもいいようなことかもしれないのです。




人の見方によれば、毎日バドミントンの練習ばかりしてあまり遊べない中高生をかわいそうだと思うかもしれません。


毎日、クラブもせずに友達と遊んで帰って、テレビを見て笑う生活も良いかもしれません。


しかし、それだけでは自由であるけど、充実感はないのです。


中高生の時にしかできないことを知ると知らないでは大きく違うし、それはきっと後からわかることなのです。



不満を持つということは、どういうことでしょうか?


今に満足していないということですが、何に満足していないのでしょう??


それは、感謝の気持ちを持てていないからということなのです。


言いかえれば、自分に満足していないのかもしれませんね・・・。



人にとって最も厳しい環境は、孤独です。


相手がいることに、感謝することができれば、さほど不満は感じないのです。



バドミントンは、一人ではできないスポーツです。


仲間がいることに感謝できれば、考え方も変わってきます。



指導者も選手が誰もいなければ、ただの人です。


だから、指導者も選手もお互いが感謝の心を持っていれば、不満は減ってくるのです。


いろいろなことに感謝の気持ちを持つためには、常に素直な心でいることですね^^



素直な人は、物事に感謝することができ不満を感じにくくなるので、自然と我慢強くもなるのです。

人にとっての不満や我慢が、普通になるのです。



他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数215]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。