バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フットワークの修正
2010年10月19日 (火) | 編集 |
小学生の全小ブロック予選も終わり中学生も大切な試合が当分ないので、この時期は基本に戻ってフットワークの修正を行っています。


微妙な無駄な動きやバランスの悪さ、そして軸のブレなどがスピードを落としミスを誘発しているところもあり、10月・11月は基本を中心にしていくチャンスなのです。


小学生にとって、来年は4年生なので本格的に修正をするには良い時期なのです。


先日、おそらく皆さんも良く知っていらっしゃる有名なジュニア指導者の方が県の合宿に参加してくださり、フットワークの細かい部分の話をすることができ、フットワークにおける軸回転についての認識を修正することができました。


ほんの少しの違いなのですが、小学3年生に修正してみると確かにスピードが変わり、捕れなかった打球がとれるようになりました。



軸回転と重心移動の法則を少しは理解していたので、その詳細な部分に気がつくこともできました。


その方も、細部のこと(例えば足の向き・逆手の位置・重心の位置・軸の位置など)への指導を感覚でなく理論上でされるので、短い時間でしたが私的には非常に勉強になりました。


ほんとによく勉強していらっしゃると感心するのと、私自身が求める感覚に非常に近くしかもさらにマニアック(すみません)なので、たいへん嬉しく思いました。


フットワークは重心移動が大切だということを過去記事でも話していますが、そのためには着地時の足の位置や向き、そしてどこの筋肉を使うかという意識も伝えることで大きく変わってくるようです。


もちろん、このフットワークを身につけるには、基本動作であるコート外でのステップ練習やバランス練習、ターン練習が必要になり、私の教えている子供たちでも、できる子とできない子がいるので、結局はできない子には動作練習からということになります。


小学3年も2年も、この時期にしっかりと基本を身につけさせて、来年はその成果を感じたいと思っています。


勝負ごとも大切ですが、今は近い未来のために負けてでもするべき課題をクリアさせ、バドミントンには修正が必要だということも知って欲しいですね。



現在では、経験値1年の子が癖も少なく最も早く修正できたことに、反省しているバドトラでした。

つまり、経験年数が少なくても良いこともあるということです。


全小に出れなかった選手は、ある意味で今がチャンスなので一緒に頑張りましょう。


そのためには、コート外練習をしっかりとしてください^^


特にステップ練習は重要です。



詳しくは、また後日記事にします。



他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数210]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました


追伸:
コメントを頂き、ありがとうございます。
コメントの返信が遅くなっていることは申し訳なく思っています。
この場を借りてお詫び致します。
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。