バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
限界に挑戦する意味
2010年11月02日 (火) | 編集 |
もっと自分達の能力を引き出して・・・

練習では、120%の力を出し切って・・・

もっともっと・・・



など、体力的に厳しい練習の時に言われたり、声をかけたりしますね。


なぜ、強くなるために、体力的に苦しい練習をするのでしょう。


多くのスポーツで必要とされていることに、厳しさの向こうに強さがあるからです。


では、その強さとはなんでしょう?




人は、限界に挑戦することで能力がUPすることがあります。


肉体的にも精神的にも、己の限界に挑戦することは、今の己を知ることになり、より強くなるために効果があります。


人は誰でも限界に挑む権利を持っています。


でも、それは言われてするのではなく、自らが挑まなければ意味がないのです。


限界に挑戦することは自分自身と戦うことになります。

妥協しても負けだし、弱気になっても負けになる。


今、この瞬時に挑むことが、限界への挑戦になるのです。

辛いと思う時、今と戦うのが限界への挑戦となるのです。


今、手を抜けば明日はない。


限界に挑戦する時は、明日を見てはいけない。


今を見つめることが大切なのです。


苦しい時ほど、今を見つめ自分と戦うことが大切なのです。


もう一度言いますが、誰もが限界に挑戦する権利もチャンスも持っているのです。




しかし、ただ意味無く準備無く限界に挑戦しては、マイナスになります。


心身共、体調を整えベストの状態でしなければ、故障の原因になります。


練習プログラムを考慮し、効率よくすることが大切です。



人の感覚は、変化します。


心が挑みそれを受け入れた時、過去の限界が普通になり、過去の普通がぬるく感じます。


その感覚の変化を知った時、未来に希望を感じ、自分に自信を得ることができるのです。



限界に挑戦している時は、肉体の前に心が折れます。

だから、自分との戦いになるのです。


厳しさの向こうにある強さを手に入れるためには、今の自分に勝つことが条件なのです。



他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数215]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。