バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重心のバランスと軸の安定度
2010年06月29日 (火) | 編集 |
重心のバランスと軸の安定度について、過去にも話ましたが高校生向けに話してみます。


小学生の場合、スピードをつけるのに一番大切なのは重心のバランスです。

次に動作練習として各関節や筋肉を速く動かせるように練習します。

それをするだけで、実際にフットワークは速くなります。

低学年であれば、たとえ運動能力が低くても足が遅くてもフットワークのスピードは向上します。




バドミントンのコートは対角線でも最大6ステップあれば移動できる大きさです。

そのステップを可変しながらどのように速く移動するか考えてみるとフットワークの原理が見えてくるわけです。



高校生になるとよく言われることでは、体力がないから・・・とかトレーニングが足らないから動きが遅い・・・とか言われる選手がいるようです。


もちろん、バドミントンで必要な基本体力は必要なので、一定のトレーニングは必要になってきます。

しかし、トレーニングだけでは一定以上のスピードも体力も向上しません。


身体の成長と共にスピードが落ちてくる選手は、おそらくこのケースです。


実際に、筋力が足らないこともありますが、それだけではないのです。


トレーニングを欠かさない選手に、バランスの意識を与え、筋肉の使い方を教えることで、急に動きがよくなるわけです。


その場合、トレーニング方法が間違っているわけではなくて、あることが不足しているだけなのです。


例えば、痙攣がくる選手がいます。

なぜ、痙攣するのでしょう・・・?


トレーニング不足?  いやいや真面目にしっかりとしています。
ストレッチ不足?   そんなこともないのですが…。
柔軟性が欠ける?   それはあるかもしれません。


などなど、考えてみると、それだけではないのです。



ある一部の筋肉に負担をかけてしまうフットワークになっているとしたら・・・


痙攣しやすくなりますね。

間違えれば、故障にも繋がります。


そう、練習すればするほど・・・故障の危険性が高まるわけです。


簡単に言うと、右足で飛び、右足で全体重を踏ん張り、右足で蹴って動き出し・・・って、右足を酷使すれば危険性は高くなります。


それを半分でも、両足で飛び、バランスを整え右足で止まり、重心移動を使って右足で蹴る・・・に変えると負担は約25%軽減できるわけです。


25%耐久力を高めるために選手にトレーニングさせるのか?

それとも25%負担を軽減させるために指導者が自分自身で勉強し脳を鍛えるのか?


重心のバランスが良くなるとポテンシャルが向上します。


スポーツカーも一緒ですね^^




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。