バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バドミントンでのスポーツ障害
2010年06月25日 (金) | 編集 |
スポーツ障害で悩んでいらっしゃる方にとって予防策や対処法などは知りたい情報だと思います。


私でわかる範囲は、お答えいたしますのでメールかコメントをしてください。


即レスにはならないので、事前にお詫び致しますが、緊急性がある場合はそのようにお伝えください。




例えば、前記事のコメントを頂いたバドママさんのコメントの中に、『ネット前に入る時に踏み込んだ足の外側に体重がかかり、土ふまずが見えてバランスを崩している・・・・』とありました。


このケースでは、股関節・骨盤周りの筋腱などに影響を与えます。


フォア前でのフォームにおいて注意するべきことは、打点と利き足の位置に関係しています。


よく見かけるフォームで、打点が右足よりも外側になっている選手(右利きの場合)がいますが、障害を発生させやすい状況にあるようです。

この状態では、外側に重心がかかり、フットワークのスピードがさらに負荷をかけているのです。

さらに悪いケースは、上体までもが外側に傾いているケースです。


フットワークの時にシャトルのスピードを考慮し、打点を考えてフットワークをして、基本練習からかなり意識が必要になります。


足でシャトルを迎える感覚で、フットワークすることをお薦めしています。


身体のバランスは、スポーツをしている選手にとって、とても大切です。


筋肉のバランスも大切ですが、骨格の正常化も重要なのです。


スポーツ障害を起こしている多くの選手は、骨盤が歪んでいることが多いです。


これは、練習による筋肉の疲労や収縮が原因で、骨盤の歪みが膝や腰に負担をかけているケースもあるわけです。


だから、クールダウンやアイシングをする習慣が大切になります。





↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
夏は気持ちいい
kyororin55は疲労を溜めない為にも練習後は必ずアイシングです。
2010/06/25(Fri) 14:28 | URL  | kyororin55 #-[ 編集]
Re: 夏は気持ちいい
そうですね^^
今からは気持ちがいい季節なので、癖をつけるにはもってこいですね^^
2010/06/29(Tue) 12:52 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
スポーツ障害について
初めまして。中2の女の子の父親です。バドミントンを始めて4年ほどになりますがようやく地区大会でも勝てるようになった矢先に、過呼吸が出てしまいました。先日も中体連の試合中に出てしまい、勝てる試合でしたがリタイアしてしまいました。本人が一番ショックを受けているかと思うのですが、何かいい対処法がありましたら、教えて下さい。宜しくお願い致します。
2010/07/07(Wed) 14:19 | URL  | ブラウンパパ #-[ 編集]
こんにちは。お忙しい中大変詳細なアドバイスありがとうございました。スポーツ障害はスポーツをしていく上でどうしても切り離せないものかと思います。どうぞこのままバドミントン愛する子供たちや大人の為に頑張って下さい!!

バドバカな親より。
2010/07/10(Sat) 08:45 | URL  | ブラウンパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。