バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心が変われば、行動も意識も変わる
2010年05月27日 (木) | 編集 |
性格は変わらないという人がいます。

そうでしょうか?


考え方が変われば、心も変わるのではないでしょうか?

変わりにくいかもしれないけど、元々持っている素直さが出てくると人は変わると思っています。


年齢的に年配になるほど変わりにくいですが、成長過程の中・高・大の学生なら、心に響く何かがあれば即効で変わるのではないかと思っています。


心が変われば行動も意識も変わり、性格も変わってくるのです。



心が豊かになれると周りにも良い影響を与えますが、心が乏しくなると周りもギスギスしてきます。


これは、指導者は気をつけないといけないですね。



私も過去にそういうことがあったのですが、忙しい時間を割いて練習に行ってみるとのんびりとしている選手に苛立ちを感じて、怒ったこともあります。


選手がのんびりとしていたのか、自分がイライラしていたのかはよく覚えていませんがそういうこともありました。


子供達からすれば、いつもと同じようにしていたのでしょうが、当時の私にはそうは思えなかったのです。


忙しい時間を割いて来たのに真面目にしていないと思ったのです。


選手からすると、来てくれたけど忙しかったかどうかは知らないし、何で今日はコーチが怒っているの?的な感じだったのかもしれません。


そう・・・選手からしてみれば、コーチや顧問の先生が忙しくてたまらないところでも来てくれたことには感謝はするけど、だからと言って仕事のイライラを練習に持ち込んではほしくないですよね。



イライラしていても良い事は一つもないので、イライラする時は笑うのが一番ですね^^


怒ってばかりいてもイライラするし、イライラしている時に選手の態度が悪いとさらにイライラしますね。



怒って強くするよりは、厳しく楽しく強くする方がいいので、ここ数年出私は比較的に優しい?コーチになりました。


怒ってばかりいる指導者を見ると、大変だな・・・って思います。



とは言え、私も普段が柔らかくなった分、怒るとかなりヤバイらしいですが・・・




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。