バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心豊かな指導の中で・・・2
2010年05月18日 (火) | 編集 |
不安を与える指導と、希望を持たせる指導では、違いがでるのはわかっていることです。


もちろん、時には不安を与えることは必要ですが、不安を感じても努力の向こうに希望が見えないとモチベーションは下がります。



選手の不安要素には、勝てなくなるという不安や団体戦のメンバーに入れないかもという不安、怪我による不安などいろいろあると思います。



誰もが持つ不安に、指導者が決定打を与えては選手のモチベーションが下がります。



例えば、もう勝てないとかメンバーに入れないとか怪我した選手に無理させたりとか・・・



「あなたはもう勝てません」と「今の気持ちのままでは勝てなくなる」

「団体メンバーには入れない」と「今を頑張らないとメンバー落ちする可能性がある」

「怪我をしたら練習できないから勝てない」と「怪我をしたら治すことが優先で遅れはあとからの頑張り次第だ」


前者と後者では、全然違いがあります。



指導者によっては、平気で選手の心を傷つけ、這い上がってこない選手はダメ的な指導をする人もいます。


もちろん、男子には有効なこともありますが、女子には逆効果となりつぶれる選手もいます。


メンタルに関係することは、言葉が足らないと励ましが傷つけることにもなるので、言葉の選択と説明ができる指導者の表現力と説得力が重要になってきます。




少しの不安なら薬になりますが、大きな不安は逆に毒になることの方が多いのです。


不安を感じても努力の向こうに希望が見えると、人は頑張り努力し、最後は結果を出せることもあるのです。



サッカーの川口選手も、骨折からあきらめずに自分の再起に向かって、周りに支えられながら努力し、結果ですがワールドカップの選手として選考されました。


今年、公式戦に出ていないにもかかわらず、過去の戦歴と経験が評価されたようです。


本人がくじけそうになっても周りの支えと、心豊かな厳しさを感じたからこそ、頑張れたのではないでしょうか。



何事も不安や悩みはあるもので、それらとうまく付き合いながら自分自身を鍛えていき、最後まであきらめない気持ちが一番大切だと思っています。




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。