バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット前へのフットワーク~1
2010年04月20日 (火) | 編集 |
コメントとメールで同じような質問が来たので、お答えします。


シングルスでのネット前への反応が遅れ、打点が低くなったり取れなかったりする・・・

ということなので、ネット前への動き方についてお話します。


実際に、シングルスではネットを制することが非常に大切なのです。

いくら速いスマッシュを打っても、良いカットを打ってもネット前の打点が低ければ意味がなくなります。


ディセプションの技術にも、確実に足が必要になります。


ネットの弱い選手は、比較的にネット前で上体が倒れています。

逆にネット前が安定している選手は、ネット前で上体がブレません。



基本的にシングルスで相手が打つ時は、リズムをとり相手の打つタイミングに合わせてリアクションステップをつきます。

高めにジャンプする選手もいれば、小さなリズムでタイミングをとっている選手もいます。


動き出すには、自分の重心がどこにあって動く瞬間にどのように重心を移動するかが重要になります。


選手の年齢によって、筋肉の量も違い、また男女でも違うのですが、通常言われているのは行きたい方向の反対に重心を一瞬乗せて蹴って移動すると言われています。


私の場合は、後方移動はそのようにいうのですが、前方移動の時は、行きたい方向の足(膝)を崩して重心を移動させることも教えます。



バドミントンでのフットワークは、一つの動き方ではなく、相手の打つ打球の種類によって変えなければなりません。

つまり、こうでないといけないということはないのです。

ただ、合理的に動き、戻りを速くするためにどうすればいいかが重要なのです。




カットなどに反応が遅く動き出しが遅れてしまう場合は、まず、なぜ反応が遅れるかを考える必要もあるわけです。

また、遅いドロップに対して遅れてしまうのも、原因があるのです。



シングルはどんな感じに球を待ってればいいのでしょうか?


ということに対して答えるなら、上半身の力を抜いて相手の打つ瞬間をしっかりと捉え、即反応する準備をしておくと言うことになりますが、なかなか難しい事ですね^^


でも、バドミントンはコンマゼロ何秒の世界での戦いになるので、反応練習は必要になります。


まずは、重心がどこにあるのか?・・・そしてどこにあると動きやすいか?


前の場合と後ろの場合、そして横の場合と比較してみてください。


そして、自分なりにどこに重心がある時に動きやすいのか?

そして、どんな時に遅れるのか?

を、考えてみてください。


続きは明日・・・

↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。