バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速読によるバドミントンの効果
2010年04月14日 (水) | 編集 |
速読トレーニングによってバドミントンでどのような効果がでるのかを話します。



速読トレーニングでは・・・


動体視力や周辺視野、瞬間視といった視力機能がアップすることで反射神経や瞬発力が良くなる。


右脳の活性化と同時に右脳と左脳の連結を促進する。


右脳が持つ並列処理能力が活性化するに従って、一度に沢山の事を考えたり複数の作業を同時にこなせるようになったりする。


左右の脳がバランスよく活性化することで、物事をさまざまな角度からみる発想力が向上したり、脳内に収集した大量の情報の中から必要なものを素早く、的確にピックアップできる感性が育まれてくる。



ということは・・・・


スマッシュやプッシュなどのレシーブでミスが少なくなります。

相手を見ることができることで、弱点を見つけることができ、また、反応速度が速くなります。


いろいろな情報を元にラリーをしながら戦略を考えることもでき、自分の能力を最大限に使って勝つための感性が育まれてくる。


瞬間の判断力も身につくような気がします。


バドミントンは、瞬間の反応と判断力が重要で、相手を見る能力がなければ瞬間の反応も判断力も低下し、能力が出し切れないことになります。


急に調子が悪くなる時は、脳に関係があるのではないでしょうか?


技も体も急にレベルが下がりません。

しかし、そこにメンタル(心)が関係し、そして脳の機能も関係しているのではないでしょうか?



多くのアスリートは、脳トレーニングの一つとして、速読に注目しているようです。





↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。