バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速読トレーニングの効果
2010年04月13日 (火) | 編集 |
速読トレーニングについていろいろ調べてみました。



速読が上達することによってスムーズな視点移動ができるようになることで、視点移動の加速につながって動体視力の強化にもなるというわけです。


そういえば、昔見た映画で武道家が目の動きを鍛えていたのを思い出しました。



そこで・・・動体視力のゲームです。

動体視力ゲーム(ロートくらぶ)アミューズメントの中にあります。

瞬間記憶力ゲームもしてみてください^^



動体視力ゲームでは初級編・中級編・上級編とあって初級編は動体視力の横の動き、中級編は動体視力の縦の動き、上級編は周辺視野・瞬間視のテストのようです。


ちなみに私は、上級編の最後で間違えました・・・^^




動体視力や周辺視野、瞬間視といった視力機能がアップすることで反射神経や瞬発力が良くなるということのようです。


人間は外部からの情報の約8割を目から取り込んで、脳で処理しているとされています。


目から得られた情報をもとに状況を判断し行動しているので、視力機能がアップすることで反射神経や瞬発力も高くなるということのようです。





そして速読トレーニングをすることで、「見る」力がついてくると同時に、右脳が活性化してくるようです。


また、右脳と左脳の連携も向上してくるため、一度に複数の事を考えたりする並行処理能力や、動体視力の向上、ストレスの緩和など、ニ次的な効果も現れることもあるようです。


つまり、簡単にいうと頭の回転が速くなるということです^^



バドミントンは、瞬間の判断の繰り返しです。


また、ゲームメイクするには常に相手を観察し、情報を記憶していかなければいけません。


同じパターンでやられる選手は、この情報の記憶と処理が悪く判断が遅いということにもなります。



速読トレーニングは、バドミントンに必要な情報処理が的確にできるようになる可能性も高いわけです。




次回は、速読トレーニングによってバドミントンでどのような効果が期待できるのかを話します。




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。