バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳と身体のスパイラル
2010年03月24日 (水) | 編集 |
人は脳の働きによって心技体の能力を発揮します。


身体を鍛え、技を磨く行動をするのも脳によって行います。

また、試合での経験を次に生かすのも脳の働きによって行われます。


覚えること・考えること、つまり知識も脳の働きによって発揮していきます。


もう一つ、大切なものがあります。


それは、人間力です。


脳によって支えられている能力(知識・技術・体力・人間力など)を発揮させるのは心なのです。


心はどこにあるのでしょう?


そう、脳の機能があるから心があり、その心は本能が生み出しているということなのです。


ややっこしい話ですが、自分の本心と本能は別物だということは、理解してもらえると思います。



心と本能の関係を理解することは、スポーツ選手としてはとても大切なことなのです。




考えることは、脳で行います。

身体を動かすのも脳から命令を出し、情報を得るのも五感から得てきます。


話す時も行動も、脳が働いています。


そこに、心や本能が関係してくるのです。


心と本能の話はまた後日にしますが、脳はやる気も生むのです。


でも、やる気スイッチはどこにあるかはわかりません^^


メインスイッチは脳にあるのですが、動機スイッチは本能と心の両方にあるのではないでしょうか?



そう、お家によくある3路スイッチのように・・・

*3路スイッチとは、玄関や廊下・階段などでよく使われる便利なスイッチで、電気をON・OFFするのに2か所から操作が可能なスイッチのことです。




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。