バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素朴な疑問について
2010年03月09日 (火) | 編集 |
素朴な疑問について、考えてみましょう。


*サイドステップより走った方が速いのに・・・なぜ?

*ジュニアの小さい頃はランニングステップが多いのは?


長めの距離ならば、確かにランニングステップの方が速いですね。

でも、短い距離を動く時には速いかどうかでは、決して速くはないのです。


ジュニアの小さい子は、比較的サイドステップで足を速く動かす練習をしていない子が多いからなのです。

現実的に、走った方が速いからランニングステップが多いのです。


しかし、身体の成長と共にランニングステップでは限界があり、だんだんと動けなくなりバランスも悪くなるのです。


単純に考えてみればわかるのですが、約3歩の距離を前後に動くのとサイドステップで動くのとどちらが速いでしょうか?


それに加えて上体のブレはどちらが少ないでしょうか?


*なぜ半身になるの?


半身になり、サイドステップで下がることでバランスを保ち後方へのジャンプも可能になります。

また、軸回転を利用することで最大限のパワーを伝えることもできます。


*どうして左手を上げるの?


逆手を上げることでバランスを保ち、上からの振り下ろしを使って軸回転をするとスマッシュ速度も速くなります。

またネット前では、上体のバランスが安定しやすくミスが減り、戻りのスピードも増します。


その他、骨盤の向きに関係することについては、次回に話します。


バドミントンのコートで動くには、サイドステップやクロスステップ、寄せ足を使うことでバランスとスピードが増すことになるわけです。


上級者ほど多種多様の動き方を使いますが、ベースはサイドステップが多いのは確かです。


半身になることで、ショットもわかりにくくなるし、バック奥にスムーズに入れることを理解すれば、バドミントンがもっと面白くなると思います。





↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。