バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バドミントンと骨盤の動き~1(フットワーク)
2010年03月05日 (金) | 編集 |
フットワークの時、骨盤を意識したことはありますか?


リアクションステップ後に骨盤の向きを素早く変えることで小さく速い動き始めのステップができるようになります。


サイドステップを主に使って動く場合は特に骨盤の向きが重要になります。


クロスステップでもフォア奥の場合遅れて骨盤の向きを変えてもいいですが、バック奥・フォア前・バック前は骨盤の右側(右利き)が進行方向に素早く向いた方が速く動けます。


骨盤の向きが正面を向いたままではもちろん半身になれません。


初心者の方で動きがぎこちないなと感じる人は、骨盤が足の動きと共に動いているからではないでしょうか。


人の動きとしての動作には、骨盤の働きはとても重要で、骨盤の歪みは肩こり・腰痛を初めとしていろいろな支障を引き起こします。



逆な発想では、骨盤の位置が正しくて、骨盤の使い方をうまくすればバランスが良くなり、動きも速くなるということです。



なぜ、バドミントンではランニングステップをあまり使わないのか?



普通に走った方が速いのに・・・と思う方もいるでしょう。


でも、バドミントンコートはそんなに広くはないのです。



過去にも紹介していますが、プロのアスリートがバドミントンコートくらいの大きさの四角形の中で光を足でタッチし時間内で多くタッチした人が勝ちという競争をしてみると、競技の種類に関係なく小さく速いサイドステップで動く選手がタッチ数が多く体力的にも余裕がありました。



指導方針で動き方には、いろいろ違いはありますが、人の動きとバドミントンの動きを重ねた時、色々な理由がわかってくるのです。



サイドステップより走った方が速いのに・・・なぜ?
ジュニアの小さい頃はランニングステップが多いのは?
なぜ半身になるの?
どうして左手を上げるの?

など、人には訊けない単純な疑問があるのではないでしょうか?


特に、バドミントンに詳しくない保護者の方で疑問を持っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?


骨盤に関係が無くてもいいので疑問があればコメントでもメールでもしてみてください。
(すみません、なかなかコメント返信ができなくて・・・<(_ _)> )


納得できていない人は、理解するチャンスです^^


なぜなのか?は、考えてみてください。




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
参考にさせていただきます
体の仕組みを覚えて効率の良い動きをすることが速さの秘訣なんですね。
2010/03/06(Sat) 21:13 | URL  | kyororin55 #-[ 編集]
Re: 参考にさせていただきます
kyororin55 さん、レス遅すぎで申し訳なかったです。

コメントありがとうございます。


そう、身体の構造を知れば自然な動きの答えが見えてきて効率のいい動きをすることができるのです。

それは、速さだけでなく体力の消耗度も変わってくるのです^^
2010/04/10(Sat) 00:35 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/19(Wed) 14:05 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。