バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バドミントンでのリズム感
2010年02月26日 (金) | 編集 |
リズム感について話します。

リズム感をつける練習方法としては、ダンス系の練習は効果的です。


ジュニアを教える前、今から15年位前に高校生を教えていた頃、バドミントンの動きに関係するステップを中心にトレーニングを目的とした内容でアップテンポな曲を数曲チョイスしてやっていました。



曲に合わせて動くので、かなりハードな内容で4~5分を3~4曲踊ると良いトレーニングになっていました。


ジュニア(小学生)を教え始めた時も、2曲か3曲作りました。


その時代に流行った曲を使っていたので、初めは確か安室奈美恵のアルバムから2曲他から2曲、2回目はモーニング娘からラブマシーンとかちょこっとLOVEとか・・・^^


当時の高校生は安室奈美恵のChase the Chanceを聞くと身体が勝手に動きたくなるって言っていました。



確か小学生もお母さんもラブマシーンは楽しそうに踊っていましたね^^


3年前もOZMAから純情~スンジョン~で作りました。



バドミントンで必要なリズム感は、自分でリズムを変えることにあるのですが、ベースのリズムを知りそこからテンポをアップダウンさせ、またベースのリズムに戻すことだと思っています。


自分自身のベースのリズムを知ることが大切ですね。


コート内での反応が速い時・遅い時とあるわけですが、その日の体内リズムを少しアップさせると反応も速くなるわけです。


どんな音楽でも聞くことで、自分にリズムを養うことができます。

そして、自分で心と音楽を協調させ心のリズムをアップさせたり落ち着かせたり、また感覚も上げることができるのです。


自分の好きなリズムを見つけることが大切かもしれません。


いろいろな音楽を聴き、それに合わせて身体を動かすことがリズム感を養うには最適だと思っています。


次回に、過去の曲を紹介しますね^^




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました



浅田真央選手、銀メダル おめでとうございます。

お疲れさまでした^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。