バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
回内・回外とグリップとリストスタンドの質問について
2010年02月23日 (火) | 編集 |
最近、コメントとメールで同じような質問があったので記事でお話しします。


*回内・回外で打てるようになりたいのですが、どんな練習方法がいいのですか?

*回内を使うにはイースタンではないとできないのでしょうか?
 また普段どのような練習をして慣れるべきでしょうか?

*リストスタンドして回内で打っていると、くそにぎりと言われました・・・
 グリップに問題があるのでしょうか?

*グリップを強く握りすぎと言われました。
 柔らかく握りすぎるとうまくタイミングが合いません。
 どうしたらいいのか教えてください。

以下省略


正しく回内・回外で打てるようになるには、まず、正しいグリップが大切になるのでグリップのチェックを日頃からしてください。

イースタングリップならば回内・回外という動作でシャトルをヒットしやすいですね。

ウエスタンでその動作を使うこともありますが(フェイント・ワイパーショット)基本的なストロークを打つにはイースタングリップが適しています。
(私的には指で持ち角度が深めなイースタンが良いかと思っていますが・・・)



基本的には、人の動作で自然な動きはどのような動きになるかを知らなければなりません。

前腕の回外・回内運動とはなんでしょうか?

肘を曲げた状態で手のひらを上から下へ向ける動作を回内、下から上に向ける動作を回外といいます。


回内・回外という動作では、どの筋肉を使って打っているのかを確認してみてください。


その時に力を抜いて手首をフリーにしてみてください。

どのようになりますか?

手首を回しているだけで力が伝わっていないですね。

小指と薬指に力を加えてみて、次に親指とひとさし指に力を加えてみてください。

そして両方に力を加えてみてください。


どの状態が手首が固定され、どのように前腕筋群を使っているかを確認してみてください。


いずれにしても回内・回外動作のパワーをラケットに伝えるには、ヒット時には手首が固定されグリップも握りこむ必要があるわけです。

柔らく→強く→柔らくというのが一般的ですが、状況では強く→強く→柔らくなど変化も必要になります。


それには、ヒットのタイミングを理解し覚えるまで、柔らかくもっておくのも良いかもしれません。

ちなみに小学生の低学年に教える時は、初めは強めに持たせて力を抜くことを教えています。

理由は手首の固定が意識的にできないからです。


小学生の低学年でも回内を使えば、コンパクトなスイングで良いショットが打てます。



また、柔道では襟元を回内で押し回外で引くと言われています。

それは回内運動を行う筋肉は伸展に、また回外運動を行う筋肉は屈曲にリンクしていることにもなっています。


これはレシーブ時に頭の片隅にでもおいておくと理解しやすいです。



リストスタンドについても、自然な身体の動きが基本になります。

ラケットを持って(イースタン)まっすぐに下ろしてみると前腕から手の甲にかけて手首が屈曲しないようにすれば自然にラケットはヘッドスタンドします。


また、ラケットを持ち甲を上にしてこぶしを肩の高さで前に出すと自然にラケットヘッドは、逆肩の前方にあるのではないでしょうか?

ムリなリストスタンドやヘッドダウンは手首のところが屈曲しているか、グリップに問題があるかではないかと思います。


手首の部分で上下左右に屈曲させると回内・回外運動での力は半減されるということです。



練習方法やグリップとの関係は次回でお話しします。



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
少しずつですが理屈がわかってきました。
次回の練習法楽しみにしています!
2010/02/23(Tue) 19:34 | URL  | たく #-[ 編集]
参考にさせていただきます
レモンクラブでは4月から初級者も受け入れます。さし当ってkyororin55がお世話役をさせていただくんですね。先ずは自分から学ばなくては彼女達のお役に立てません。バドトラさん、時々お邪魔させてくださいね。
2010/02/25(Thu) 08:17 | URL  | kyororin55 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。