バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バドミントンという名の道
2010年02月11日 (木) | 編集 |
人は生きていくうちにいろいろな分かれ道があります。


もちろん、分かれ道によって色々なタイプの道になります。

その道の周りにはいろいろ楽しそうな場所もあり、またゆっくりと休む場所もあります。


小さい時は、お母さんが手をつないで一緒に道を歩いてくれます。

寄り道をせずに歩くためです。

でも、少し大きくなると後ろを一緒に歩いてくれます。


また成長していくと気がつけば、お母さんは遠くで見ていて、自分だけが歩いています。




バドミントンと言う道を選び歩いている人は、全国でもたくさんいます。

もちろん、その道には勉強という道も一緒にあります。



バドミントンの道を教えてくれた人が、初めてラケットの持ち方を教えてくれた指導者です。


その後の道や色々な分かれ道で、たくさんの指導者に出会うことになります。





バドミントンの道にも色々な道があります。

緩やかな道・険しい道・直線的な道・カーブなど回り道が多い道・アップダウンの激しい道・・・


多くの分かれ道と共に色々な道を歩いてきた人や、また、今から歩く人もいます。



自分が成長して大きくなればなるほど、その道の周りには楽しいそうな場所がたくさんあります。


その楽しそうな場所は、これからもずっとあるようです。


分かれ道でどの道にするか選んだ時、自分の進む道と行きたい所ははっきりとしていましたが、進むにつれて気持ちが変わりそうになる時もあります。


でも、自分が決めた道なので多くの人は、しっかりと踏みしめて進んで行こうと思うのです。


悩むこともあるし、即決できることもある。


信頼できる道案内人がいてくれると、ほんとに幸せですね。


また、一緒に歩く仲間がいると心強いですね。



人が、自分の道を歩いて行く時、見守りながら応援してくれる人や支えてくれながら応援してくれる人。

共に歩く仲間、引っ張ってくれたり後ろから押してくれる先輩や指導者。


たくさんの人が、関わっています。


自分だけで、歩いてきたのではない。


必ず、誰かがいて誰かが応援をしてくれていたのです。


その人たちに、感謝の気持ちを持てない人は、きっと何か大きな忘れ物をしてしまうでしょう。



過去に感謝できる人が、未来にも期待を持てるのです。




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。