バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリップ2~種類
2008年08月07日 (木) | 編集 |
皆さんは、グリップをどのように持っていますか?


基本としては、イースタングリップで柔らかく持っていますね。

そして、バックではサムアップを使う人は多いと思います。

Pさんが言うには、このサムアップに問題があると言われていました。

サムアップが悪いという意味ではないので誤解しないようにしてください。

バックハンドグリップからフォアハンドグリップに握り替えしないといけない事に問題があるということです。

つまり、持ち替えるのか?親指の移動のみか?持ち替えないのか?・・・

持ち替える時間があるときは、どんなグリップでもいいが、ドライブやプッシュレシーブの打ち合いのときなど、速いテンポのラリーの時に、どうするのか?ということです。

参考のため、Iさんの○ーフェ○トグリップはその点握り替えをしないグリップです。


ネット前に出る時やロブがきた時など、時間的に余裕があるときは握り替えができます。
しかし、バックで速い球のラリーの時、フォアに打たれて強い打球を返せるかどうかが問題なのです。

そこで、グリップ1でも話しましたが、人さし指と親指でしっかりとはさみ、残りの3本も比較的しっかりと握るグリップならば、そのままでも打てるし、親指の少しの移動をすれば、楽に返球できます。

グリップは、場合によって(特にネット前)持ち替えることもあり、状況によってベストなグリップであれば良いとは思うが、効率良く身体のパワーをラケットに伝えることができて、無駄のないグリップを基本グリップにしておく方が得策でもある。

グリップの微妙な角度は、手の大きさやグリップサイズでも変わってくるので個人差はあります。



そして、初めに聞きましたが、グリップは柔らかく持つのがいいのか?
それとも、しっかりと持つほうがいいのか?


基本としては、柔らかく持つほうがいいとされています・・・   が、

それはなぜでしょうか??

私も、以前はグリップを柔らかく持つように言っていましたが、今は違います。

それには理由があって・・・

      

長くなるので、続きは明日にします・・・すみません




バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物がありますよ^^

ランキングへのご協力お願いします。

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました



テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。