バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本とは・・・
2008年08月06日 (水) | 編集 |
技術について、ブログで表現するのはいくらかの抵抗があります。

私も指導者として、指導論には自信は持っています・・・が、内容的に今までの指導論とは違う部分が多いからなのです。

指導方針の「変化~進化へ・・・1」にも書いてあるのですが、指導者講習会でPさんと話した時、こんな事を言っていました。

「僕のバドミントンの技術を全てはなかなか表現できない・・・ 
 それは日本の基本とは少し違うから・・・ 
 理解できるコーチとできない人がいるし、子供達もその後、迷ってはいけ
 ないから・・・ 
 だから、言っても大丈夫だと思う子には言えるけどなかなか難しい・・・
 本当は指導者の人にもっと理解してほしいけど、基本と違うという事で
 全ての人には受け入れてもらえない・・・ 」

など、他にもいろいろ言ってくれました。


それは、自己の基本から反する事を日本人は嫌うから・・・という意味でした。

なぜ、話してくれたかというと、私の考えを伝えて、ある疑問を聞いてそれを教えてもらった後に、なぜ、このことを講習会で言わないのですか?と質問したら、そう答えて頂きました。


確かに、Pさんはこう言うけど他のコーチはこう言う・・・っていうのは、子供を悩ませます。
それに、グリップの意見も多少違っていました。

Pさんも、グリップと回内・回外は基本として大切な事だと言っていました。
しかし、それだけではないということも言っていました。

Pさんはその時私の教えている子供達を見て、とても褒めてくれましたが、このままではこのままです。 とも、言われました。(お願いして本音で言ってもらいました)

大きな疑問を投げかけられて、その後いろいろ調べてわかってきました。

初心者が打つ時、面が切れたままでいい?
グリップは、柔らかく?強く?
打点は・・・

このブログの【技】で話す事は、もしかしたらあなたを迷わすことになるかもしれません。
でも、いろいろ試していると何かのキッカケで、「これか?」って感じで、
だんだん見えてくることも必ずあります。

わかってくるとすごく面白くなります。
そして、トップ選手の打つフォームの見方が変わってきます。


Iさん(日本)も、力のない小学生でも力強いショットは打てる と言っています。
理屈がわかって、身体が思うように動けば、誰でも良いショットは打てるのです。

試合に勝つということは別問題ですが、バドミントンは巧くなります。
ジュニア選手だけでなく、社会人でも、お母さんやお父さんでも、ショットのみは打てるようになります。

次は【技】でいきます。


余談ですが、私は佐々木選手の進化の秘密にとても興味があります。
昔の佐々木選手の試合のビデオがあれば、わかるのですが・・・



もっと、たくさんの情報を知りたいと思った人は・・・
クリックお願いします^^


ランキングへのご協力お願いします。

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物がありますよ^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。