バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両足着地をするには・・・
2010年01月05日 (火) | 編集 |
一番は、左足の(右利きの場合)着地の位置を、打点よりも後方に着地させ、身体の軸をやや前傾にすることが重要になります。


着地の位置はおよそですが、打点から(打点の高さ)÷2後方に左足を着地させ、その時身体の軸が前傾(戻る方向にやや傾いている)させると自然に右足も同時に着地します。



軸を傾けて両足で着地した時に発生する反力を利用し、重心移動と両足の筋肉を使って戻るわけです。




戻るのに必要なエネルギーは、戻るスピードにより変わってきますが、攻撃後のハイスピードでは両足の筋肉を最大限に使わなければなりません。



しかし、通常??の戻りのスピードであればさほど筋肉は使うことなく反力の利用と重心移動で戻れるわけです。



体幹を支える筋肉と着地の衝撃に耐えれる筋肉があれば、誰でもできることです。


最も筋肉疲労消耗度が低いと思われます。



ただ、後方にジャンプしてバランスを保ちながら、着地時に左足を後方に置くということの練習は必要になります。



特にバック奥の場合に、半身からジャンプして軸回転しながらその垂直軸も水平レベルで1/6回転以上させるわけですから、バランスと体幹を鍛えることが必要になります。



それと、打ち終わった時に骨盤は、半身の状態から約180度回転して着地していることになります。




いや~~、わかりにくい説明になりました。




ただ、言えるのは・・・


この地球には、反力が必ず発生するということ。


そして、その反力を利用し身体を支えるのは、1本より2本の方が負担は軽減されるという理論です。


これは建築的な構造力学では、耐久性を考える時に基本的な考え方になります。



次回は、もっと詳細に説明しましょう。



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
両足着地
難しい表現ですが、少しずつ分かってきているような気がします。
休みが長く、明日から練習です。
昨年の、最終練習が、いい感じで終了したので、クセを修正しながら、地道に行きます。
2010/01/05(Tue) 20:01 | URL  | T 父 H.O #-[ 編集]
レス遅くなってすみません・・・

先日の練習会ではお会いできなかったですが、Tの成長は楽しみにしています。
2010/01/20(Wed) 10:54 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。