バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のスポーツのジュニア選手から学ぶこと
2009年11月14日 (土) | 編集 |
最近、スポーツ界で中学生有望選手をテレビで見ることがありました。


昨日は、ゴルフの14歳の少女・・・アマの世界では抜群の成績を出しているようです。


もうひとつは、一昨日の、馬術 13歳・・・中1の多田すみれさん の話です。


ジュニア選手は、素直な心になって読んでください。
(心が素直になれていない人は、読んでもわからないので読まなくていいですよ^^)


その番組は、松岡修三さんのレポートでしたが、多田すみれさんは、確かに笑顔が良く、挨拶もしっかりしている選手でした。


馬上から笑顔であいさつをしながら握手をする多田さんは印象的でした。



他のスポーツではない馬との連携が必要な競技だからこそ、コミュニケーションの重要性を知っているのかもしれません。


馬と心を交わし打ち解けないといけない競技の馬術だからこそ、人の心に入ってくるのも自然にできるのかもしれません。


馬術は、練習の時の馬と試合の馬は違って、試合までどの馬になるかもわからないらしく、その馬との心を交わし、馬を気持ちよく走らせ、そして馬を思うままに動かさなければならない馬術という競技のむつかしさにビックリしました。


この多田すみれさんの大人顔負けの成績は、もちろん厳しい練習も耐えてきたからこそでもありますが、何よりも心が澄んでいるのではないでしょうか・・・。


馬術では、障害を飛び越える時の踏み切りポイントが重要で15センチ間違えれば障害を飛ぶことができない。

そうすると落馬する危険性もあるシビアな競技なのです。


つまり、馬上でのバランスと馬への指示のタイミングが大切なのです。




短時間で馬と心を交わすこと・・・


そして、数日間でのダブルス練習においてパートナーと心を交わすこと・・・

また、シングルスで相手とラリーをしながら相手の思いをつかむこと・・・



比べることではないですが、どちらが難しいのでしょうか?




馬を思うままに動かすこと・・・


自分自身が動きシャトルを思うままに動かすこと・・・



どちらがどうでもいいのですが、中1の女子がしている馬術

厳しく激しい危険な世界ですが、楽しそうにしています。


試合会場で馬の踏み切りのタイミングをつかむために、学校の帰りは同じ歩幅で歩く練習をし(1歩を90cmで歩けば、4倍が馬の1歩になるそうです)、家では馬の気持ちになって30cmのバーを跳んでイメージトレーニングをしているそうです。

また、馬の世話は全て自分でしているそうです。

馬を愛し、馬術を愛しているのでしょう。



繊細な意識を持ち、一本一本のラリーを大切にすること・・・自分が努力すればできることです。


中学生や高校生の皆さんは、この中1の女子よりも思いを込めて努力を楽しみ、バドミントンを愛しているといえますか? 

そして、今のあなたは本当にあなたにとって精一杯の一生懸命・・・ですか?


自分で天井を決めていませんか?



考え方一つで、人はずいぶん変わりますよ^^



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

コメント
この記事へのコメント
私もたまたま見ました。全部ではありませんが。

すみれ選手は心から馬を愛しているようでしたね。
馬は、仲間・家族・自分の体の一部のような存在だと言ってましたね。

彼女が馬術を始めたのは、ペガサスが大好きで、
障害を飛ぶ馬の姿を見てこれだ!と思ったのがきっかけって言ってました。
きっと競技として一番になるために、というよりも、
馬と一体になって美しく飛びたいって思ってやっているのかなと思いました。

努力を楽しんで続けられる、自分で考えて工夫する向上心をもち、素直で謙虚で礼儀正しい、素敵な人でした。
子ども達に身につけさせたいというか、自分がまず見習わなくては、と思いました。
素直さと謙虚さって、教えて身につくものではないですよね・・・。
2009/11/14(Sat) 23:47 | URL  | 螢子 #-[ 編集]
学ぶ姿勢
自分次第で
ピアニスト、歌手、小説家、料理人
あらゆる職業
いや 人から学ぶことはできますよね♪
2009/11/15(Sun) 18:50 | URL  | bonny #-[ 編集]
螢子さん、bonnyさんへ
螢子さん、bonnyさん コメントありがとうございます。(レス遅くてすみません)

お久しぶりです^^



螢子さん
心のありかたを伝えることは技体よりも難しですが、変わろうとするきっかけになれればいいなと思っています。
誰にでもある素直な心を引き出すことで、感謝や謙虚な気持ちも持てるようになること、そして向上心も芽生えてくることを自分にも言い聞かせながら、伝えていきたいですね^^

また、コメントお願いします。


bonnyさん
人から学ぶことはたくさんありますね^^
いろいろな人の思考や心に接することで、自分自身の中に新しい何かが芽生えてくることがあります。
メディアを通して、その片鱗に触れることができるのはありがたいことです。
bonnyさんのバドミントンファンにも感謝しています^^

また、コメントお願いします。
2009/11/20(Fri) 11:11 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
スポーツ名言
グーグル検索「スポーツ名言」三番目に私のブログ「ユーモア、川柳、名言」が来ます。よろしかったら読んでみてください。
2010/03/18(Thu) 22:09 | URL  | muraki #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。