バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨盤からの腰痛
2009年11月11日 (水) | 編集 |
最近、腰を痛めてしまい全てに影響が出ています。


きっかけは無理な体勢での重量物の移動ですが、原因は骨盤のねじれでした。


私は元々、姿勢が悪いので長年の癖が身体に影響を与えていて、今回のような痛みは初めてです。


昨日の時点で、ほぼ痛みは消えていたのですが、寝ている時・・・向いては行けない方向を向いて寝ていたようです。


朝から不調でした。



歩いていると大丈夫なのですが、PCの前や車の移動での長時間の着座が堪えます。


立ち上がる時、右側骨盤が後方変位を起こしているため、痛みを感じしばらくゆっくりと歩いていると痛みは和らぎます。


腰の痛みは、部位によって違いますが、私の場合は骨盤のゆがみなのでコルセットより骨盤ベルトで矯正すれば痛みは消え、座位の姿勢を矯正すれば、大丈夫かと思います。


ただ、骨盤を矯正しながら、ストレッチで身体をほぐし、補強トレーニングをしないと変位する可能性は高い状況なので、安心はできません。


今回の骨盤からの腰痛は、経験がなかったので私としても痛い勉強になっています。



選手には、姿勢の重要性を言いながらも、私自身が怠っていた結果です。


上半身の姿勢については過去記事でも書いていましたが、座る姿勢含めて骨盤の重要性も身をもって勉強しています^^



選手には、骨盤矯正も施術できるのですが、自分自身での骨盤矯正のアプローチ方法を今模索中です。


人体も建築物も、バランスが悪いと外的要因や微量な傾きが耐久年数の経過と共に、しわ寄せをもたらせます。


高齢化(老朽化)によって異常が発生する前にメンテナンスが必要ですね^^



姿勢やバドミントンでのフォームによる故障を選手にさせたくないのですが・・・自分がなるのも情けないことです。


この痛みをさせないためにも、選手たちには細心の注意をしなければ・・・と思っています。



心は若くても身体は年齢を少し感じているお父さんお母さん方も、一緒に気をつけましょうね^^



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。