バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱き思いを表現しよう
2009年10月01日 (木) | 編集 |
心の中にある熱き思いは、行動という形にすることで初めて変化していくのです。


それは、バドミントンだけではないのです。


勉強にしても、仕事にしても、恋愛にしても・・・・そう、選挙にしても同じです。



成功するかどうかは、行動を起こした人だけが思うことです。

行動の起こし方、そしてその行動にどれだけ思いを込めることができるか・・・


それが大切なのです。



ただ行動をしている人と、心を込めて行動している人と・・・


どちらに心を動かされますか?


ここを考えてください。


私は、熱き思いを感じた人には、全力投球します。


ジュニア選手に訊きたい・・・

練習にどのくらい熱い思いを込めて練習しているのか?

そして、その思いを行動に移しているのか?

また、その思いをアピールしているのか?




大好きなバドミントンでそれができないなら、自分の良さをアピールできないのではないだろうか?



特に男子に言いたい

恋愛でも、熱き思いを表現できない草食系がいいのか?
それとも熱き思いを表現できる肉食系がいいのか?


最近は、女子の肉食系のほうが多い気がするのは・・・・なぜ?



指導者は誰でも熱き心を持つ選手を応援したくなると思う。

伝わってこないから・・・指導者のほうが熱くなるのかな?




もっと、初めて会った人に自己アピールと共に、自分の思いを相手に伝えることを知ると、もっと試合で勝てるようになるのではないだろうか?



ラリーは会話であり、思いのぶつけ合いだと思うのだが・・・・




↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。