バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情熱は努力を生む
2009年09月16日 (水) | 編集 |
情熱は努力を生み育てます。


つまり、努力するということは、情熱を持っていると何でもないことになり、人から見ると努力家に見えるのです。

さらに強い情熱を持つことができると、びっくりすることを普通にしています。



そして、情熱はあきらめることを忘れさせるのです。


あきらめたら即終了ですが、あきらめずに情熱を持って行動することで状況が変化することはよくあることです。




信念を貫くことができる人も、やはり情熱的な人が多いです。

そして、自分を信じています。

いや・・・自分を信じているから、自分の可能性を信じているからこそ情熱的にもなり、また信念を貫くこともできるのだと思います。

そして、心を強くし新たな自分を見い出してくれるのです。



情熱的といっても、表現には動と静があります。

ここで言っている情熱は内に秘めるものなのです。

見た目は静でも、熱い情熱を持っている人もたくさんいます。




誰でも情熱は持っています。

素直な心で、自分自身の情熱を開放し育てて、逃げない心を養ってほしいと思っています。




私の場合は、辛い時ほど情熱的になってきます^^

あきらめも悪いです。

何歳になっても情熱的で、あきらめの悪いじいさんになれると素敵だな・・・と思っています^^




情熱的な心で、冷静な分析力、そして判断力を身につける・・・


生きていく上で、大切なことですね^^



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。