バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本のベースになるグリップとステップ
2009年08月30日 (日) | 編集 |
低学年の初心者を教えるとき、グリップでほんとに変わってきます。


グリップは大事です・・・というのは、どこでも聞きます。

なぜ、グリップがそんなに大切か・・・

それは、身体の一部になるか、ならないか・・・


そして、その違いを知ることも大切なのです。


そこを指導者が再度自分で身をもって知れば、子供も変わるかもしれません・・・いや、変わります。

そして、うまく打てたことだけを褒めるのではなく、グリップを意識して面が切れて打てない時も褒めることが大切なのです。



基本を教える時のコンセプトはどこにあるか?・・・


そして、大切なことは何を伝えたいか・・・で、その過程上で正しければネットに引っ掛かっても空振りしてもそこをしっかりと褒めていれば、そのうちタイミングが合うようになります。


グリップの角度で、実際にショットもスイングの軌道も変わるので、ほんとに重要なことです。



ステップにしても同じですね。


運動能力については、今の状態からコツコツとした練習で確実に変わり、レベルアップすると思っています。


これは、継続すれば間違いなく変化が出ます。


信じるか・・・信じないか・・・です。


サイドステップの使い方を知り、ターンの使い方を知れば、フットワークは速くなります。


ただ、それを基礎打ちやノックで意識し、ゲーム練で意識して、身体に染み込ませていくと自然に良くなっています。

来年、強くなりたいと思うならば・・・始めてみてはいかがですか?



↓ランキング4つ、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。