バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
○○のせいにしては、いけないのです。
2009年08月27日 (木) | 編集 |
感謝はしているけど、素直に感謝しきれていない人は、必ず困った時に何かのせいにします。

ありがたいことだけど、慣れてしまった人も同じです。


心当たりがある人もいるのではないでしょうか?
(私もたまにそうなりますが・・・)



そして、その思考がマイナスになって、負のスパイラルが起きているのです。



試合の時、風のせいにしたり、シャトルや審判のせいにしたり・・・

相手の応援のせいにしたり・・・


~のせいでなく、○○のおかげで・・・と思うようになると、思考がプラスに変わってきます。



雨降りの日に、雨のせいにしてアップをしなかったとしたら・・・

無理ですね^^



風のおかげで、相手がミスをしてくれた・・・と、風のせいでシャトルがアウトになった・・・では、全然違いますね。



これは同じものでも、○○しかない・・・と、○○もある^^との違いと同じですね。



例えば・・・

150円しかないせいでポカリが1つしか買えなかった。

150円があったおかげでポカリが一本買えた^^


きっと、ポカリの飲み方にも違いが出てくるでしょうね。


せいではなくおかげという感謝の気持ちが大切なのです。


これは、バドミントンだけでなく全てのことに共通します。



今の自分自身の持つ能力を最大限に使うには、全ての環境を味方にすることも含まれるわけです。


だからこそ、~のせいではなく~のおかげという考えができるほうがいいのではないでしょうか?



明日は、感謝と慣れについて話します。



↓ランキング4つ、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/27(Thu) 12:59 |   |  #[ 編集]
うちの子もそう思って欲しい…
バド出来る環境にいられる感謝や言いたくないけど嫌な話お金がかかってる事も…
他の親にだって送り迎えに来てもらったりしてるし…
でも子供だけじゃなく親もまわりに感謝しなきゃ子供にだけ言えないよね!
自分の子供だけじゃなく全員に気配りしてくれる他の親御さんに感謝です。
2009/08/27(Thu) 20:09 | URL  | ノンタン #-[ 編集]
ノンタンさん、コメントありがとうございます。

感謝の気持ちを表現する言葉は、ありがとう・・・ですね。
それが、素直に言えれば、もっといろんなことに感謝できるのですが、大人も忘れがちになるのでお互いに気をつけましょう^^

子供には、言って聞かせることも必要です。

当たり前になってくると、感謝の気持ちは忘れてしまうので・・・

感謝・・・感謝^^
2009/08/31(Mon) 22:07 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。