バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運動能力は進化する
2009年08月26日 (水) | 編集 |
人は進化する生き物です。


刺激を与え、経験度を増すと必ず進化します。


運動能力も同じです。


初めは足が遅くても、毎日ダッシュをしていると何もしていない子に比べるとだんだん速くなります。(あたりまえのことですね^^)


例えば、サイドステップや反復横飛びなど、初めは遅くても毎日していると確実に変化してきます。


これが、習慣による成長になります。



脳も同じです。

脳科学の世界では、何歳になっても脳は変化できると言われています。
(また、後日記事にします)



反応速度を速める能力

目で物を捉え、状況の判断をする能力

自分の身体のバランスを整えようとする能力

瞬間的にパワーを発する能力

行動を持続させる能力

集中力を高める能力

情報収集と分析能力



まだまだ、たくさんありますね。



コートの中でしかできないこと、コート外でした方が効率的に上がることなど分類していくといろいろなことがわかってきます。



この各能力のレベルを上げるために、練習でのプログラムを考えると自然と短期・中期・長期に分類され、配分していくと一週間のコート外プログラムが出来上がります。



しかし、行動するという習慣化ができていない場合は、変化が表れません。


つまり、継続することができる心が必要になってきます。



そのために、目標を持ち、自分を信じて長い目で努力する(続ける)ことが大切になるということです。



もう一度、言います。

人は、誰でもいつでも進化できます。

思いと行動があれば・・・




↓ランキング4つ、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。