バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ABC大会の展望
2009年08月14日 (金) | 編集 |
今日からABC大会がスタートですね^^
(今日は開会式、試合は明日から・・・)

熊本県の関係者の方々、ありがとうございます。


思いだせば、去年の今頃、小学生連盟のHPにリンクして頂いたな・・・と思いだしました。

あれから、一年・・・早いものですね。



では、本題に入ります・・・Aクラスの展望として・・・




まずは男子、全小5年チャンピオンの三橋 健也 (前橋東B.-群馬) の連覇を阻止することができるのは・・・誰でしょう?


全小2位の小林 大吾 (塩竃Jr.-宮城)

それから、全小3位の小倉 由嵩 (小平Jr.-東京)と小川 桂汰 (羽球友の会大井川Jr-静岡)がどのように成長し、今回戦うかが楽しみですね。
 

また、安藤大地(にこにこ北城クラブ-愛知)・中村友哉(中央ジュニア-石川)の活躍も楽しみです。




そして、女子は、優勝候補である女王・山口 茜 (勝山南部Jr.-福井)に対してどのように戦うか・・・

しかし、全小2位・3位の 選手が予選で切符を手にできなかったという波乱がありました。

その激戦区を勝ち上がってきた選手を紹介しますと・・・

全小2位の斉藤 ひかり (小樽SAWAJr.)に予選決勝で勝ち切符を手に入れた 高畑祐紀子(札幌JBC-南北海道)

全小3位の齋藤 栞 (鳩ヶ谷ウイングス)に予選決勝で競り勝って切符を手に入れた 吾妻咲弥(チャレンジャー-埼玉)

そして、全小3位の志田 千陽 (八郎潟レイクJr.-秋田) 

また、安田美空(瓜破西SSC-大阪)上原和子(糸満ジュニア-沖縄)川上紗恵奈(長岡京市スポーツ少年団-京都)がどのように戦うか・・・

そして、山口選手が小学生最後のABCをどのように戦うか・・・


ほんとに楽しみです。





小学生の6年生のデーターは非常に変化しやすく最も過去の実績があまり参考にならない時期でもあります。


男女とも、この夏を制するのは・・・


選手の皆様の健闘を祈ります。



ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
螢子さんへ
私は,幼少の頃からずっと野球をやってきました。今の職を選択したのも,実は自分がずっと夢中になり,人間的に大きく成長させてくれた野球というスポーツの素晴らしさを,子どもたちに伝えたいとの思いの強さが,大きな理由の1つです。

今の職場に転勤になった時,すでに野球の指導者はいました。当時指導に関しては私もそこそこ自信があったのですが(今になってみると結果だけを追求しすぎていて,当時を思い出すと恥ずかしくなるのですが・・・),バドミントンの指導者を選びました。

頑張っている選手たちを見て,胸を衝かれました。

特に今年の選手たちは,月日を追うごとに技術も精神も大きく成長していくのがわかり,とっても楽しい,思い出深い3年間でした。

私も最初,『もう野球をもてないのか・・・』と思うと,内心は絶望感でいっぱいでした。だから,螢子さんの気持ち,痛いほどわかります・・・。

でも,私は大切なスポーツに出会えることができました。これからも,もしまた新たな職場でも,野球ではなく,バドミントンの指導者として勉強していきたいと思っています。

螢子さんがまた再び,バドミントンの世界で活躍できることを心より願っております。


ABC大会について
全国の舞台で頑張っている選手のみなさん。大舞台で戦えることの喜びと感謝の気持ちをかみ締めて,負けてしまった自分の県の選手たちの分も頑張ってほしいです。

そして,負けてしまった選手・・・。特に6年生の選手。今回は本当に悔しかったことでしょう。もしかすると眠れなった人も,体調を崩してしまった人もいるかもしれません。
でも,大会は他にもまだまだあります。新たなステージが待っています。反省点を見つけることができ,その改善に向け努力できることは,とっても幸せなことです。新たなステージでの活躍を夢見て,再出発・・・,頑張ってください。
2009/08/14(Fri) 11:20 | URL  | 村・村・村 #-[ 編集]
こんにちは(^^)

試合、いよいよ始まりますね!!
小学生の記録とは、高校生より変わりやすいですよね;
勝っていた子が負けを知り次にどう生かすか、負けていた子が勝ち、自信を手に入れたときこれもまた次にどう繋がるのか、そこも魅力ですよね(^^)!!
体調などに気をつけて、彼らには精一杯戦ってほしいです
2009/08/14(Fri) 11:29 | URL  | 雷 #-[ 編集]
私が小学生のころは、田んぼや草原に行って、とんぼやバッタを捕まえてましたよ。
だから、スポーツに情熱を注ぎ、本気で勝ちたいって思いながら必死でがんばってる小学生なんて、眩しくてしょうがないです。
持てる力を出し切って、悔いのない試合をしてほしいですね。


村・村・村さんへ

野球されてたんですか。
じゃあ今はテレビの前から動けない時期じゃないですか。(甲子園で)

村・村・村さんがバドが大好きになったのは、生徒さんのおかげですね。
やはり何事も人ありきですね。素晴らしい生徒さんに恵まれて幸せですね。
村・村・村さんほどの熱意をもって教職につかれたのなら、何の顧問をしてもはまってたのかもしれません。バドに出会えたのは縁ですね。

私もほんとに縁に感謝したいです。顧問になってなかったら、バドがこんなに面白いものだと知らないままだったかもしれませんから。
2009/08/16(Sun) 01:22 | URL  | 螢子 #-[ 編集]
山口茜選手,貫禄の優勝でしたね。今後の更なる成長が楽しみです。

また,今回悔しい思いをした選手もいると思います。舞台はちょっと違うのですが,今日は2007年のM1グランプリを見ました。
遅咲きのチャンピオン・・・,サンドウィッチマンの伊達さんの涙には思わず私も涙を流してしまいました。

勝負の世界は何があるかわかりません。何がきっかけで大きく進化するかもわかりません。
今は結果がでなくても,やがて大きな花を咲かせることを信じて,頑張ってほしいです。あきらめないこと,止めないことです。あたりまえに,バドミントンをすることです。

暑い夏も,あとは中学生を残すのみとなりましたね。
(高校生の新人大会も楽しみです。密かに注目している選手もいますので。)


螢子さんへ
ありがたいお言葉,身に余る光栄です。
でも,そんなこともないんですよ。
甲子園も,今年はまだ2試合しか見ていませんよ。
クラブの方も,お互いの思いがうまく疎通できず,悔しさやもどかしさがこみ上げることもたくさんあります。
でも,その何倍もの幸せ感もあります。
2009/08/16(Sun) 22:23 | URL  | 村・村・村 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。