バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バドミントンが大好きになるには・・・
2009年08月10日 (月) | 編集 |
小学生がバドミントンを始めるには、きっかけがあります。


バドミントンをしてみたいという思い
何か運動をさせたい(親の意思)
家族がバドミントンをしている
友達に誘われて
・・・・など、いろいろあります。


そこで、指導者は小学生の低学年にバドミントンを教える時、まずは興味を持たせることが大切だと思っています。


興味を持ち好きになるには、楽しくなくてはいけません。


では、楽しいというのは何か??




そこが、クラブのコンセプトになるわけですが、重要なことですね。



楽しい・・・ということについては、また明日します。




興味を持ち、楽しいと感じれば、その楽しさが継続されればほんとにバドミントンが好きになります。



好きになりバドミントンをしている以上、誰でもうまくなりたいと思うのはあたりまえです。


でも、試合に出れば、初めは弱く負けるのは当然です。


勝ちの喜びを得るために練習をして上達することで、チャレンジする。

そこでは、勝ちも負けも経験として肥やしになります。


しかし、将来を考えて、今の勝ちよりも未来の勝ちを大切にすることがジュニアの指導者には必要になるのです。



上手くなくても勝てればいいと技術より戦術に走り過ぎると、今年勝っても、来年は勝てなくなります。


ABCでCの優勝者ほど、その後が大変なのではないでしょうか・・・。
(その点、すごいのが山口茜選手ですね^^)


今の小学生は、技術的にもうまくなければ勝てません。
(もちろん、上手いだけでは勝てませんが・・・)


勝つためには、心の持ち方、技術の向上、身体能力の向上、そしてその時期での戦略の変化と向上が必要になります。




ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!

激喝!気合日記の気合コーチと申します。我が地域の茜を取り上げてくれてありがとうございます。低学年から高学年までタイトルを取り続けているのは現在、茜1人です。勝ち続けることは本当に大変なことです。これまで少しずつ課題を与え、それをクリアーすることに専念してきました。その積み重ねが今に繋がっていると思います。

その積み重ねを小学生で的確にできることが茜の1番凄いところですね。誰よりもこのブログのようにバドミントンを愛しているからでしょう(●^o^●)

指導者の原点は、いかに競技を好きにさせるかだと思います。この土台がなければ、どんな素晴らしい練習でも無意味になると自分は思っています。

指導論が共感できるところがたくさんあり、いつも注目しています!

日本バドミントン界の土台のためにジュニア指導、お互いに頑張りましょう(^_^)
2009/08/10(Mon) 13:21 | URL  | 気合コーチ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/10(Mon) 13:43 |   |  #[ 編集]
激喝!気合日記の気合コーチさん、はじめまして^^

コメントありがとうございます。

山口茜選手の試合は2年の全小から見ています。

泣きながら試合をして、セットが変わると切り替わっていたのがとても印象的でした^^

毎年、しっかりと成長している姿を見て、山口茜選手を通して、指導者の方の指導方針を勉強させていただいてました。

日本バドミントン界の宝である山口選手の活躍は楽しみにしています。

これからもお互いにがんばりましょう^^
2009/08/11(Tue) 22:20 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。