バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
継続のあるバドミントンの楽しさ
2009年08月11日 (火) | 編集 |
小学生の低学年にバドミントンを教える時、まずは興味を持たせることが大切だという話をしました。


興味を持ち好きになるには、楽しくなくてはいけません。



楽しいというのは、個々の感性で違いがあるので難しいですが、継続のある楽しさには上達が必要になるのではないでしょうか。



上達したことを確認するには、試合に勝つという方法があります。


しかし、それだけではないのです。(勝つことは大切ですが・・・)


特に、初心者の時期での試合結果は、上達したこととあまり比例しないのです。


つまり、バドミントンという競技でのジュニア期では、試合結果はあくまでその時期(極端に言うとその時)の結果で、次も同じ結果だという保証はまったくないのです。


特に小学生の場合は体格の差も成長の度合いで違いがあるし、運動能力でも差が出てきます。



話を戻しますね。



試合結果以外での上達の確認というのは、何があるでしょうか?


それは、できなかったことができるようになる・・・ということです。



それを一つ一つ、小さな確認をすることが上達の秘訣になります。


上達は、上手くなることになります。



ほとんどの子供達は、すぐ出来ないことは苦手意識を持ちはじめます。


人には、得意不得意があるのはあたりまえなのですが、できなければ気持ちもダウンします。


指導者が、その苦手なことを苦手と感じさせずに、必ずできるようになると信じさせ、できるように誘導することができれば・・・

そして、なかなかできないことができるようになったとき、褒めて共に喜ぶことを忘れなければ、子供達は自信を持ち、次のチャレンジを試みます。

つまり、小さな努力の成果を知るのです。




継続のある楽しさは、自分自身の向上からも生まれるのです。



もちろん、自分自身の向上(上達)の向こうには、試合に勝つことが目的となり勝つと喜びになります。


目的意識が同じ人が集まるだけでも、楽しくなりますね^^


これは、大人も子供も同じですね^^




ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/11(Tue) 16:14 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。