バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ターンのスピードとバランス
2009年07月26日 (日) | 編集 |
バドミントンでのフットワーク時のターンも、その他のスポーツでのターンもスピードとバランスが大切なのは理解していただけるでしょうか?



ターンとは軸回転のことで、軸回転にはバランスが重要になります。


回転速度を上げるには、当然バランス良く回転することが大切になります。



オーバーヘッドでのショットにも軸回転を使う話は過去記事でもしましたが、今回の話はフットワークの時での軸回転の使い方になります。


まずは、軸回転のバランスを考えると、新体操やフィギュアスケートが非常に参考になります。


バランス感覚を養うのには、本来3歳までに高く上げる(高い高い)をしたり、くるくる回したりすると良いのですが、ジュニア選手に最も適しているのは、その場で飛んで180度回転する練習です。


交互に左右の方向で回転し、軸のバランスを整えます。


これは、いつかテレビで見たのですが、浅田真央選手やキム・ヨナ選手がアップでしているのを見ました。

1回転で良いです^^


気をつけることは、手足を開かないことです。


やってみればよくわかりますが、手足を閉じてジャンプターンをするのと開いてするのでは、バランスが全然違ってきます。


これは、コートの外での練習になるのは当然ですが、家でもできることです。


ただ、周りに物や人がいない場所で安全性を確認してするようにしてください。


ストレッチと同じく毎日するのが理想的です。


大鏡の前ですると自分の軸が確認しやすいと思います。



ターンの時に気をつけるポイントは、縦軸です。


上体が傾いたり、片足が開いたりするとうまく回れません。


つまり、バランスとスピードを向上させるには、軸の安定になります。


ラケットを下げて移動しターンをするとバランスが崩れやすく、また、前屈した状態でもバランスは保てません。



サイドステップで後方にツーステップしターンまたツーステップしターンの繰り返しは、バランスとスピードを上げる練習になります。


この時意識することは、ターンのスピードとバランスです。


これもコート外の練習で、家以外でどこでもできます。




ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました


祝 130000アクセス

多くのブログ訪問ありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

ゲットされた方・・・メールしてください^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。