バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピード感とリズム感
2009年07月06日 (月) | 編集 |
練習でのスピード感やリズム感を大切にしていますか?


ゲーム練習を見ていて感じることの中に、多くの選手がスピード感とリズム感を重要視していないような気がします。



本番のゲーム(試合)では、0.01秒の戦いの繰り返しになります。


ほんの一瞬の判断と反応で1点が変わってきます。


もちろん、リズムの中にはスローな動きも必要になりますが、スピード感を養うには最も適している実戦的な練習のゲーム練で、スピード感あふれる動きが見られないと実戦では勝てないかな?と思います。


ゲーム練でできなかったことやミスした事を反省にして、各基本練やパターン練をし、動作反応が遅い時は、コート外での課題として練習を繰り返します。


それに対してさらに高い要求を求める時、運動能力のUPをするためにスピード・バランス・持久力・パワーのトレーニングをしていきます。




言い変えると、コートの内外の練習をしてきたことを試すために、ゲーム練をしているのではないだろうか?



もちろん、戦略も大切だが、練習してきたことに対しての自己確認が足らないような気がします。


小学生はともかくとしても、中・高に関してはもっと自主性の高い自己確認が必要で、全てを指導者に委ね甘えるのもいささか問題があるような気がします。




私は、最近フットワーク時のターンスピードについてよく言います。

このことについて詳しくは、また記事にしますが・・・



アドバイスをして、それをしてみようとしているかどうか・・・

意識レベルが、どのくらいそこにあるのか・・・

観察します。



よく感じることでは、意識の継続性が欠けていることです。



すぐできないのは当たり前です。

だから、どのように思っているのか?・・・観察しています。



意識がたりないな・・・って思うから、また同じことをアドバイスする。

でも、継続性がないので、変化は表れてきません。



できないことは言っていないのですが・・・
(この続きは、次回の記事で・・・)



話を元に戻します。


そう、スピード感とリズム感。


自分のリズムとスピードを理解し、さらなる練習を自らすることが大切ですね。





ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
そうですね!

練習ではノックが主なのでゲームは出来ませんが
サークルで自分のスピードとリズムを意識してやってみたいと思います。

それから課題が見えてくるんですよねi-198


いい勉強になりますi-237
2009/07/06(Mon) 22:44 | URL  | すんすん #-[ 編集]
v-238まさに!!

今日ゲーム練習で「ロングサーブへの返球のタイミングが同じことが多いよ」とのアドバイスをいただきました。

なるほど、普段の練習から
スピードやリズム、意識して変えていかないと
いけないのですねv-22

意識して頑張ってみますv-238

2009/07/06(Mon) 23:38 | URL  | 目覚めた女 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。