バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伸び悩んでいる人へ~2
2009年07月04日 (土) | 編集 |
昨日の続きです。


もっと深く追求してみると・・・



どんな時、自分の反応が遅れるのか?

なぜ、シャトルを見るだけで反応できないことがあるのか?

自分のラリーのパターンはどのような構成になっているのか?

どんな時にミスをするのか?また、どんな時に連発してミスをするのか?

シャトルの癖を考慮しているか?会場の環境を理解しようとしているか?

今日は、どのくらいのことを意識しながら練習できたか?



試合に負ける時の心理状況の把握(その反対の把握)

ミスしているときの心理状態の把握(その反対の把握)

フットワークのバランスが良い時と、悪い時の違い。

ショットの切れが良い時と悪い時の違い。




考えれば、いくらでも出てきます。

何も考えずに練習していると、練習の効果が表れにくいのです。


私が練習みているときは、必ず練習の意味と課題を言いますが、それを確実に意識して練習していると確実に変化が表れるものです。


つまり、私は選手に意識させているのです。


もちろん、毎回ではないですが、仕掛けはしています。


それをせずに練習すると変化しないことのほうが多いのです。


時間がかかることですが、大切なことです。





それと、もう一つ・・・

数年前、面白い選手がいて、県の強化練習や合同練習の時また実戦の試合の時、自分が試合する前に、「今からあのコートで試合するので見ていてください」と言いに来る選手がいました。


今、高3になる男子ですが、今年のインターハイが楽しみです。


指導者の方に向かって、試合をする前に「今から●●試合をします。宜しくお願いします!!」と大声でいう選手がいたら、面白いし、必ず見るのではないでしょうか?



素敵なアピールだと思うのは、私だけでしょうか??


初めてのことを大勢の前ですることは、本番力も身に付くのでお薦めです^^



ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。