バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行動力と意識力
2009年06月05日 (金) | 編集 |
どの指導者も、教えて欲しいというオーラのある選手には、興味を持ちます。


強くなりたいから教えて欲しいと思うから、アドバイスを訊きにいくわけです。


形だけでお願いしますと言う選手も中にはいます。

つまり、真剣に聞いてない選手。


強くなりたいのなら、アドバイスをもらったことを次に試してみようという思いがないと、聞くだけで終わりになっています。

アドバイスコレクターではないだろうから試してみればいいのに、水分補給をして友達と話して忘れている?のか意識がないのか・・・



強くなる選手と強くなれない選手の違いは、行動力と意識力の違いにあるのではないでしょうか?




試してみてわからなければまた訊けばいいし、なんとなくできたかな?って思うとアドバイスの時に訊いてみればいいのだが、言った先から忘れているのか?しようとしないのか?しているつもりだけどまったく出来ていないのか?



普通は、できなくてもしてみようと思っていると出来ていなくても、その行動は見えます。

すぐにはできないのは当たり前なので、意識しているかどうかが大切なのです。




例えば基本的なことですが、ネット前でプッシュした後すぐラケットを上げなさいと注意するとします。



この感覚は選手と指導者で差があることが多く、選手は上げているつもりの子が多いのです。


上げていることは上げているが・・・相手が打った後上げている選手やしっかり上がっていない選手などいます。


ここで厳しく怒ったように言うと選手からすると、上げているのに・・・ってなるわけです。


そう、上げているのにではなく上げたつもりになっているのです。


つまり、高さとタイミングが違うのです。



単純なことでも、それぞれの感覚の誤差があり、より意欲が高い選手は疑問を持てば訊くし、見て覚えようともする。


出来ていない選手は、もっと速く上げて・・・とか、もっとしっかり上げて・・・とか言われます。


心が素直な選手は、上げようとするかもっと細かくアドバイスを求めてきます。


しかし、素直さが欠けていると・・・

ちゃんとしているのに・・・どうして怒ってばかり・・・となるわけです。



素直な心で注意されたことを反省し、改善することで変化していくのです。




ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
それわかります

たしかに上手くなる人は自分で何がいけないか考えて上手な人に自分からアドバイスをもらいにいきますよね

自分もそうやってうまくなった気がします
2009/06/08(Mon) 09:50 | URL  | バドっ子 #-[ 編集]
こんにちわ^^初めまして。
「そうそう、そうなのよ~」と頷きながら読んでました。
指導者が指摘してくれる事は私達がいくらやってると思っても
すべて『つもり』なんですよね~
指摘されても納得がいかない事は自分が納得できるまで聞いてたんですが
ちょっとしつこいかな?と思って不安でした。
このブログを読んで間違ってなかったんだなぁと思い安心しましたe-454
また読ませてもらいまーすe-343
2009/06/08(Mon) 18:13 | URL  | にゃんこ #XAjl2.RA[ 編集]
バドっ子さん、にゃんこさんへ
バドっ子さん、にゃんこさん、コメントありがとうございます。

コメント超スローレスですみません・・・


お二人が理解してくれていて安心していました^^

指導者は誰でも素直に訊いてくる選手には、アドバイスをしてくれます。

しつこいくらい訊くことも大切です^^

頑張ってください^^
2009/07/02(Thu) 23:36 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。