バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャトルをコントロールするためには
2009年05月19日 (火) | 編集 |
シンプルに考えてみます。



シャトルをコントロールするためには、シャトルの性質を知らなければなりません。


そして、相手の打球の強さ・スピード・回転を理解しなければなりません。


コントロールしやすくするために、自分にとって打ちやすい場所(打点)で打てるように移動する能力を身につけなければいけません。

そして、自分のバランスを安定させておいたほうが打ちやすいのです。


でも、いつも打ちやすいところで打てるとは限らないので、いろんな打点で打てるようにしておくほうがいいのです。


どんな打点でも相手のコートに返すことができることができると自信になり、安心します。


どんな打点でも打てるようになるには、ラケットの使い方をたくさん知っておいたほうがいいのですが、まずは、しっかりとシャトルに力を与えることができる方法を知り、身体の一部として使えるようにするのが一番です。


移動する能力を身につけるためには、速く動くことができるようになるための練習をするのがいい。


速く身体を動かすことに集中できる練習を何度も繰り返して、身体が自然に動くようにしておけば、コートの中でも動けるようになる。


たくさんラリーをするためには、移動のスピード(力)を利用して打ったりする練習も何度もしなければならない。


身体の能力(可動域)を最大限に利用するために、普段から身体と対話しないといけない。


失敗しても、イライラしたり不安になったりしないように、自分の心に話しかけることをしないといけない。


そう、バドミントンが好きだから、うまくなりたいから・・・そして勝ちたいから・・・

そのために、頑張っているのだから・・・


全ての練習を、楽しんでできるように・・・




ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました





テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。