バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意識の不足
2009年05月14日 (木) | 編集 |
アドバイスをもらって・・・どのくらい意識していますか?

できなくても意識している選手は、強くなりますね。


アドバイスを受けても、その後も変えようとする意識が不足している選手は多いです。


意識の不足というのは、しているつもりになっていることです。


しているつもりでも、コーチや指導者から見るとできていないから・・・何度も言われるのです。



例えば、わかりやすい例でいうと、ネット前でラケットを上げてというアドバイスを受けたとします。

自分達は上げていると思っているが、指導者はあげていないから何度も言います。

確かに、前よりは上がっています。

それは、今まで下がりすぎていたからで、本来はもっと上だよ・・・ってことなのですが、そこがわからない場合が多いみたいです。

もちろん、こと細かく説明すると納得するのですが、後日練習に顔を出してみると・・・

前とあまり変化がない・・・


意識が不足しているのです。



アドバイスを受け、それを意識することなく、またアドバイスを受けても何の意味もないような気がします。


強くなりたいのか?と疑問に思うこともあります。


試合に負けると悔しいのに、その想いが練習で見えない。

でも、勝ちたいと言う・・・



この方程式には、矛盾を感じます。



指導者として、意識不足の改善と意識の向上が課題ではありますが、高校生としてはもっと考えてほしいなと思うのです。


心の持続も不足しているのかな?って思います。



キーワードはわかっているのです。

自分の枠の中で、一生懸命しているのに・・・



これは、中学生の時にもっと養わなければならないことだと思っています。

自分に問いかけて欲しい。

ホントに真剣に練習をしているか?
勝つために練習をしているか?
魂を込めて練習しているか?





ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました



テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
 チームの子供達にも同じような思いを持っています。同じアドバイスを何か月も何年も言われている・・・・・練習も休まない、一生懸命頑張る事は出来ているのですが・・・意識がたりません。勝つための練習や、魂を込めての練習ができていないと思います。練習のための練習になっています。バドミントンは好きだと思うのです。プラス高い意識を持って練習する事が勝つためには必要だと思うのです。子供達は勝ちたいと言います。どういう言葉をかければ良いのか勉強中です。一番いいのは本人が気づいてくれる事なんですが・・・
2009/05/14(Thu) 14:25 | URL  | マウス #-[ 編集]
Re: タイトルなし
マウスさん、コメントありがとうございます。

全国どこでも同じことがあるようです。

ただ、意識が変わると成長してきます。

私も常に、意識が変わる言葉を模索しています。

自分でも変われると思ってくれると・・・意識が変わってくるのですが、今度はその意識を継続させる事で、いろいろと考えます。

たしかに、自分で気がついて常に自らしてくれるといいのですが、やる気を起こさせるのも指導者の器量なので、私も努力しています。

すべてには伝わりにくいですが・・・

お互いに頑張りましょう^^

2009/05/16(Sat) 01:59 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。