バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小笠原選手から学ぶ
2009年05月12日 (火) | 編集 |
プロ野球ジャイアンツの小笠原選手の特集番組を見て・・・


今では、WBCの活躍も含め、巨人の小笠原選手を知らない人のほうが少ないのではないでしょうか?


小笠原選手だけでなく、多くのトップアスリートは才能がある人たち・・・

と思っている人は、再度認識を改めたほうが良いかもしれません。


才能は、努力によって開花されるもので、誰もが持っているものなのです。

ただ、種類が多少違うだけです。
(これについては、またお話します)



小笠原選手は、高校の時は成績を残すことができませんでした。

努力はするものの、結果が出ることもなく、人よりも多く練習する(一人の練習)ことで、開花し始めてのが、社会人野球の時でした。

それから、ドラフト3位で日本ハムに入団してからも、人一倍練習してきました。

シーズン中も若手選手よりも早く球場入りして、基本練習をキャンプの時だけでなく、シーズン中もしているそうです。

フォームを固めるためには、繰り返しの練習が必要なのです。

それも自主的に・・・


小笠原選手のバッティングフォームを見ると、打球を捕らえるまで顔(頭)がまったくブレていない。

素晴らしいことです。

その小笠原選手が言っていた言葉を紹介します。


ほんとに真剣な練習をする。
勝つための練習をする。
魂を込めて練習する。


そう・・・

勝つために自分に嘘をつかない真剣に魂を込めて練習する・・・

そうしていると強くなります。


自主的に素振りをしている選手がいったいどのくらいいるのでしょう??

前回の練習でうまくできなかったことを少しでも自分から何かをしているのでしょうか?


何もしていないのに・・・自分だけ強くなるはずはないですね^^





ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました



テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。