バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のスポーツから学ぶ
2009年04月24日 (金) | 編集 |
あることを調べていると、フィギュアスケート選手の織田信成選手の空白の1年間を取材しているTV番組の動画がありました。


あの織田選手の心、そして前に向かって生きる姿勢を見て欲しいですね。






織田選手の身体の柔らかさは、自らのストレッチから生まれたものですね。


どんな選手でも、努力をしてそれを継続しているのです。

あきらめずに今に集中し、それを繰り返しているのです。


何かを学べるのではにでしょうか?


心については、他のスポーツ選手から学べることもたくさんあります。


多くのアスリート達の練習に取り組む姿勢や考え方に興味を持つことも大切です。


バドミントン技術以外では、他のスポーツから学ぶことはたくさんあります。

それが、バドミントンに応用できるからまた面白いですね^^


ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
よりによって
織田選手ですか。自分はフィギュアスケートの選手から何かを学ぼうとするなら、彼は一番適さない人物だと思います。
新聞・専門誌等いろんな記事読むと、「空白の一年」の大半は自主的な「休養」だし、その理由もインタビュー毎にバラバラではっきりしない・・・復帰に際しての非常識なコーチ変更といい、自分は彼の言動は理解できません。
参考にするなら浅田・高橋・小塚あたりをお薦めします。
2009/04/27(Mon) 01:52 | URL  | Y.Y #i3LFGNk2[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。