バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
限界への挑戦~2
2009年04月23日 (木) | 編集 |
駅伝はチームの心を一つにして、それぞれの想いをタスキに乗せ伝えていく競技です。


バドミントンの団体戦も、同じですね^^



今を頑張ることが明日につながり、その積み重ねが大切で、苦しい練習を経験することで、苦しい試合にも耐えれるようになります。


しかし、人は厳しさや苦しさに耐えるには仲間がいるほうが耐えれるのです。

共に競り合い、共に励まし合い、共に喜ぶことを経験できることは素晴らしいことです。



そこには結果よりも内容、そして過程が大切で、それに触れることができる指導者は幸せなのです。

もちろん、結果が出ることはさらに良いことです。



いかに選手を練習で限界に導くことができるか・・・

それには、心が必要になります。


指導者のパワーと心と知識が、選手の心と体を動かし、限界に導けるのです。



やる気を起こさせ、やる気を継続させること・・・



この時期は選手によっては、ハイレベルなモチベーションを維持させることはできますね。


今は、まだ勝てない選手へのやる気を持たせることが大切です。


そして目標をはっきり定めている選手には、限界への挑戦をさせるのもいいでしょうね。


自分を信じることができる選手が、進化し新しい自分を見つけるでしょう^^



自らも新たな挑戦をし、選手と共にチャレンジしていくことが、今年の夏を決めるカードになると思っています。



ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。