バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バランスの重要性2
2008年07月20日 (日) | 編集 |
では、昨日の続きを話します。
バランスの重要性1を見ていない人は、先に1を見てください。




わかったでしょうか?
わからなかった人は、後ほど確認してみてください。

廣瀬選手の右足の右足がAの場合とB・Cの場合と動きが違いますね。

Aの場合は、右足が引けてなく半身になれてない状態で、後方へジャンプしたため、バランスを失っています。

B・C共打つ前のステップが多少違いますが、打点方向に右足が引けた状態になっているので、バランスを保っています。

この違いが、ショットに現れているのです。
廣瀬選手のレベルでも、このようなことが起きるのですから、いかにステップが大切かはわかっていただけたのではないでしょうか?

Aの場面で、右足をもう少し引き打点に向かって半身になれるようジャンプしていたのならば、このショットは廣瀬選手ならストレートでもクロスでもスマッシュは打てるタイミングなのです。

トレーニングの時、意識をして練習するのとしないのでは、大きく変わってきます。
バランス練習はいつでもできるので工夫して取り組みましょう。


廣瀬選手は、フォア奥からクロスカット(チョップショット?)もこの試合で決めています。
学べることは、学び、そして盗みましょう。



いつもありがとうございます。
今日もランキングへのご協力お願いします。

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ブログランキング

人気ブログランキング



ご協力ありがとうございました。
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。