バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フットワークとステップの関連性
2009年04月10日 (金) | 編集 |
昨日は、バランスと柔軟性について話しました。


今回は、フットワークとステップの関連性について話します。


バドミントンの動きは、普段の日常生活では、ありえない動きや動作が多いのです。

だから、初心者と経験者の違いに大きく差が出るスポーツでもあります。

前腕の使い方にしてもどのような方法がベストなのか・・・

ここがポイントになります。(過去記事に書いているかもしれません)



私がステップ練習を進める理由として、身体にバドミントンの動きを覚えさせるというより染み込ませるためで、それをフットワークをしながらとか打ちながらでは染み込まないからなのです。


足の向きを高速で変える練習や小さな動きを速くする練習、そしてフットワークで必要な軸回転のバランスと回転速度など言えばたくさんあります。

その能力を上げると数段フットワークでのスピードと安定が図れるのです。



逆にステップ練習を繰り返していくことによって、フットワークは自然にできるようになります。

それは、ステップ練習によって自然な動きとして身体が認識できるようになれば、バドミントンの動きとしてのフットワークも自然に覚えるのです。



つまり、ステップ練習→フットワーク→動いて打つ→次の動作の準備 の連携が確立していき、速くバランス良く動くにはステップの練習が最も重要だということにも自然に理解できると思います。


そういう動きをマスターすることで、重心移動によるフットワークが自然にできるようになってくるのです。


もちろん、そのきっかけと動き始めの理論は少々ですが必要かと思いますが・・・



ステップ練習→フットワーク→動いて打つ→次の動作の準備 の連携をうまく繋げる練習として最適なのは基礎打ちで、この基礎打ちの段階で、止まって打ったり棒立ちで打ったりすることは、ありえないことで、そんな練習ならば基礎打ちはしないほうが良いかもしれません。


基礎打ちでは、打点の調整、動き始めのタイミング、バランス、ショットの調整などいろいろな要素が含まれています。


そこをしっかりと練習し、パターン練習でより実戦的な感覚を練習することが大切だと思っています。


話は元に戻りますが、動作能力・バランス能力をUPさせると、自然にスムーズなフットワークができるようになります。


そのためにも・・・バランス間隔と柔軟性の向上が大切なのです。



ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。