バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンパクトなスイング
2009年04月03日 (金) | 編集 |
コンパクトなスイング・・・というのは、どこがコンパクトなのか・・・わかりますか?

まずは、オーバーヘッドについての話をしましょうね^^




その前に・・・

バドミントンのラケットとシャトルは、とても軽いですね。

その軽いラケットで、軽いシャトルを打つ場合、どのようにパワー(力)を生み、どのように伝達させるかがポイントになります。

バドミントンでは、瞬間的に体内で生じさせるパワーをラケットと通して、シャトルに伝えるわけですが、伝達方法としては一瞬で伝えなければなりません。




その場合、『ヒットの瞬間に最大限に伝える』というのがキーポイントになります。


最終的に前腕で打つことになるのですが、それまでに連携した動きがうまく連動し加速することによって爆発的なパワーを生み出すことになるのです。


スマッシュの場合、腰・肩・肘・前腕という動きになりますが、腰の回転のためには下肢から力を伝え体幹で軸をコントロールし肩関節・前腕とパワーを追加していきます。


その場合に、ラケットのヘッドスピードをUPさせるために反動動作を利用した各支点の反力を連動させる必要があります。


力学的な話になりますが、この理屈はとても大切になります。


その力を囲い逃がさないためには、体幹の強化がとても重要になってくるのです。


力の伝達方法を知った上で、練習するのがとても、効果的です。



ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。