バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心・技・体・戦略のバランス
2009年03月25日 (水) | 編集 |
合宿や強化練習でいろいろな選手にアドバイスをしている時に思うことがあります。

すべてを話すべきか・・・それとも、考えさせるべきか・・・



内容的にも良く、心技体にも安定している選手には、考えさせるアドバイスをして、思うように身体が動かない・打てないとかで、試合練習で力を発揮できない選手には、ある程度のきっかけになることを話しています。


それは、心のこと・身体のバランスのこと・技術的なこと・戦略的なこと・・・


それぞれに分類し、その試合練習を見ていて気になったことやその選手に足りないものとかをチョイスして話します。



良くあるのは、対戦相手で集中力が変わるという心の部分です


また、特にダブルスで多いのですが、急に考えずにラリーをするパターンです。

連続ミスから焦りが出て、ラリーに対する戦略の集中力がなくなり、ラリーはするが点が取れなくなるケース。



試合では、心・技・体・戦略がバランスよく働かないと勝てないものです。


そのために、この4つのことを意識しながら練習することが大切なのです。

特に、何度も言いますが・・・


バランス・・・身体の軸を意識しての練習は、とても大切です。



軸を考えてコートの外での練習をしっかりとすれば、コート内でも自然と動けるようになってきます。

それが基本になり、フットワークとして生きて、しっかりとしたショットが打てるようになるわけです。

安定したショットが打てるようになれば、戦略的なこともラリー中に考えられるようになります。



ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました



バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
意識のある練習
私も「考えるバドミントン」を目指しています。
しかし,何も考えずに試合をする子の何と多いことか。
試合中に考えられなければ,せめて試合後にと思います。
何より,練習の時から考える習慣・意識する習慣が身についていなければ試合中に考えることなどできません。
試合分析をバドミントンノートに書かすなどしていますが,なかなか難しいです。
2009/03/27(Fri) 06:31 | URL  | シモン #-[ 編集]
出会ってよかった!!
わたしは、このブログに出会ってから、
バドミントンの技術がup↑↑しました!!
わたしは、ダブルスなのですが、
この記事を大会前日読ませて頂いて、
試合の休憩時間、
パートナーと、このセットで悪かったところはどこか、話すようになりました。
パートナーもわたしも、相手の弱点を試合中探して、
気づいたことは、報告しあうようになりました。
いつしか、このパートナーじゃなきゃイヤって感じにまでなりました。

「ずっと負けん気!!」
「点をとられたら取り返す!」
「負けてもいいから、つまらない試合はしない!!」

この3つを、
試合中、ミスが続いたときなどに言い合うと、
二人とも、負けず嫌いだから、
「くそ、このやろーーーっっ」
って感じで、逆転したりもしました。
ホントに、このブログに出会ってよかった。
ありがとう、バドトラさん。

2009/03/28(Sat) 23:02 | URL  | 秋桜 #-[ 編集]
秋桜さんへ
秋桜さん、コメントありがとう^^

負けた試合は、すごく悔しい気持ちでいっぱいになるよね。

でも、勝ったときは嬉しいよね^^

試合は、いろいろなことを教えてくれます。

中学校に行っても頑張りましょう^^

そして、もっともっと楽しんで勝っていきましょうね^^


それから、嬉しいコメントありがとう。

秋桜さんのように、このブログで新しい自分に進化していく選手がいると思うと、嬉しくなります。

心から応援しています^^


また、わからないことや知りたいことがあったらメールしてください。

バドトラ
2009/03/30(Mon) 23:17 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。