バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重心移動による自然な動き
2009年03月10日 (火) | 編集 |
身体を動かす時、無駄のない動きをするためには、重心の移動を使います。

無駄のない動きとは、バランス良く筋力への負担を減少させる動きではないでしょうか?


運動能力の高い選手は、基本的にバランス能力があり、身体がしなやかに動きます。


しかし、バドミントンでの動きには、それに加え反応能力も必要になり、瞬時の方向転換と同時にバランス良く速く移動し、シャトルを打たなければなりません。


重心の移動について、最もわかりやすいのが、反復横飛びになります。


また、リアクションステップでの移動にどのように重心移動を加え、筋力で加速させるか・・・

ほんの数メートルの距離をスタート・ストップの繰り返しでシャトルを打ち、次への準備に入る。


体力を消耗させない動き・速いフットワーク・ミスのないショット・力強いショット

すべてに、軸のバランスは関係しています。



このことを重要視して、練習をすることが少なくとも数ヵ月先の進化に大きく役立つと思います。


走るのが遅くても、バドミントンでのフットワークは速いというケースもあります。


また、足は速いけど・・・バランスが・・・って選手もいます。


ここに、小学生から中学生、そして高校生へと変化するときの秘密も隠されています。


つまり、小学生は身体が軽いので、ランニングステップだけでも勝てるが、成長と共に勝てなくなるということです。


あらゆるスポーツのフットワークを調べると気がつくと思います。



ランキング、応援クリックお願いします^^

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました



バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/10(Tue) 07:55 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。